« 中山競馬場の芝状態(第1回中山1日目前日)について | Main | 中山競馬場の芝状態(第1回中山6日目前日)について »

中山競馬場の芝状態(第1回中山3日目前日)について

第1回中山開催も今週で2週目。今週は3日間開催。

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催の2014年第4回開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6cm~8cm、洋芝は10cm~14cm(洋芝は下限・上限共に昨年の第1回開催と同じ長さ)。コースは中山金杯の行われる1日目からAJCCの行われる最終日までの全9日間、内ラチから6mの場所に仮柵を設けるCコース使用する。


~傾向はフラットも、この時期にしてはスピードも要求されるという特殊な馬場~

前開催となる昨年12月に行われた第4回中山開催の後半戦はペースが遅ければ逃げ・先行馬が、ペースが速ければ差し・追い込み馬が活躍できるフラットな馬場状態で行われていた。このため前開催から引き続いて行われる今開催の第1回中山開催も前半戦は似たような傾向で競馬が行われるのではないかと予想したのが先週のエントリー。ただし今開催は初日から最終日までCコースで競馬が行われる。仮柵によって前開催で荒れ始めていたラチ沿いの芝がカバーされるので「インからの差し込みに注意」と書き添えたのだが・・・、蓋を開けてみるとフラットな馬場状態ではあったものの、それほどインコースから差し込みを決めるようなレースは多くなかった(汗)。

とはいえ、インコースの馬場も状態が悪いわけではない。

厳冬期という事もあり芝のレースは1日に4つほど。極端な馬場の悪化も考えにくいため今週も中山競馬場の芝コースは基本的にはペースが遅ければ逃げ・先行馬が、ペースが速ければ差し・追い込み馬が活躍できるフラットな状態で行われるのではないか。ただ中山金杯で芝2000mのレコードタイムが飛び出したように、オーバーシードを施したこの時期の馬場にしてはスピードも要求される点は見過ごせない。

そんなスピードとパワーが要求される馬場に強いのがキングカメハメハ産駒。

キングカメハメハ産駒といえば1日目のメイン・中山金杯を優勝したラブリーデイが思い浮かぶが、3着になったデウスウルトもキングカメハメハ産駒だった・・・が、それだけならまだしも2日目の9R寒竹賞(3歳500万下)を優勝したタケルラムセスもキングカメハメハ産駒。続く10RのサンライズS(4歳上1600万下)を優勝したメイショウツガルもキングカメハメハ産駒。12R(4歳上1000万下)を優勝したトレクァルティスタもキングカメハメハ産駒と、芝のレースに限っては3連勝を達成。キングカメハメハ産駒だからと言って全ての馬が好走するというわけではないものの、これだけ馬券に絡むのは異常。キングカメハメハ産駒というだけで評価を一つ上げても良いのではないか。
Blog428

|

« 中山競馬場の芝状態(第1回中山1日目前日)について | Main | 中山競馬場の芝状態(第1回中山6日目前日)について »

「中山競馬場芝コースの状態」カテゴリの記事

Comments

Thanks for your personal marvelous posting! I definitely enjoyed reading it, you
may be a great author.I will be sure to bookmark your blog and will come back sometime soon. I
want to encourage you to definitely continue your great work,
have a nice holiday weekend!

Posted by: reto 90 como ingresar | 2015.01.24 at 05:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6937/60946724

Listed below are links to weblogs that reference 中山競馬場の芝状態(第1回中山3日目前日)について:

« 中山競馬場の芝状態(第1回中山1日目前日)について | Main | 中山競馬場の芝状態(第1回中山6日目前日)について »