« 2016年第2回中山競馬の特別競走と開催について | Main | 中山競馬場の芝状態(第2回中山3日目前日)について »

中山競馬場の芝状態(第2回中山1日目前日)について

気が付いたらもう3月。そして第2回中山開催開始!

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。中山記念が行われる1週目からスプリングSが行われる最終週までの全8日間、仮柵を設けないAコースを使用する。


~他開催ほど差し・追い込み馬の活躍が目立たなかった昨年。今年は・・・?~

今開催となる2016年第2回中山開催は昨年の12月に行われた2015年第5回中山開催以来、2か月ぶりに内ラチに仮柵を設けないAコースを使用する。12月~2月といえば寒さの影響で芝が殆ど育たない時期ではあるものの1月に行われた前開催の第1回中山開催は全日、内ラチから6メートル地点に仮柵を設けるCコースを使用した。つまり仮柵が設けられた部分は2か月間は全く使われていないため厳寒期とはいえラチ沿いの芝は悪化を免れて一定の状態を保持している事になる。

その独特のコース形態からも逃げ・先行馬が活躍しやすいコースの中山競馬場。

そんな競馬場の開幕週と言えば一昔前まではラチ沿いを走る事のできる逃げ・先行馬が幅を利かせていたのだが、近年はエクイターフの導入やエアレーションの効果などにより極端な傾向を示さなくなっており、開幕週から差し・追い込み馬の活躍が目立つことが多くなっている。そんな傾向を踏まえると今開催の第2回開催も開幕週から差し・追い込み馬の活躍が目立つようにも思えるのだが・・・昨年の第2回開催開幕週は逃げ・先行馬が活躍。どうやら寒さの影響により前開催で荒れた芝は完全には復活しきらなかった模様。仮柵が外れた内ラチから6メートルまでの場所を狙って走る事のできる逃げ・先行馬の活躍が目立つ結果となってしまったようだった。

誤解しないように書くが、差し・追い込み馬が活躍できなかったわけではない。実際、1日目6Rのフォーワンタイキや7Rのスマイルミーティアのように差し・追い込み馬が勝ったレースもあったが、それら差し・追い込みを決めた馬たちも内ラチから6メートル地点までを走っていた。外目の馬場が全く伸びないわけではないが外よりも内の方が伸びた~というのが昨年の第2回中山開催開幕週だった。


開催時期は同じものの年によって気温が違うため芝の育ち方はマチマチ。

特に今冬はエルニーニョ現象の影響で暖かい日が多く昨年の第1回開催よりも今年の第1回開催の方が芝コースの色は緑が優勢だった。この事などから「芝は状態は昨年よりも今年の方が良かった」と仮定するならば今年の第2回開催は昨年とは違う傾向を示す可能性もあるが、あくまで昨年の開催を参考にするならば「ラチ沿いを走れる馬は軽視しにくい」というのが開催前の見解だ。ようは「始まってみないと分からない」という事なのだが、それを言ってしまうとこのエントリーの意味が・・・。

|

« 2016年第2回中山競馬の特別競走と開催について | Main | 中山競馬場の芝状態(第2回中山3日目前日)について »

「中山競馬場芝コースの状態」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6937/63221539

Listed below are links to weblogs that reference 中山競馬場の芝状態(第2回中山1日目前日)について:

« 2016年第2回中山競馬の特別競走と開催について | Main | 中山競馬場の芝状態(第2回中山3日目前日)について »