« April 2016 | Main | November 2016 »

中山競馬場の芝状態(第4回中山7日目前日)について

今週で第4回開催は最終週。本当にあっという間ですね。

今開催の芝コースは1年に5回ある開催の中で唯一、洋芝を撤去した野芝主体の馬場で行われる。野芝の草丈は約12~14cm(昨年より2cm長い)。開催前半の1日目~4日目までの4日間は内ラチから3mのところに仮柵を設けるBコースを使用、開催後半の5日目~8日目の4日間は内ラチから6mのところに仮柵を設けるCコースを使用する。


~雨に翻弄されて傾向が掴みにくいものの最終週もフラットに近い馬場!?~

近年は開催前に行われる馬場軟化作業(エアレーションなど)により開幕週から「ペース次第でどの脚質にもチャンスのあるフラットな馬場」で競馬が行われている中山競馬場の芝コース。それは芝のコンディションが絶好の状態である今開催の第4回にも当てはまり、今年の開催もそのような傾向で競馬が開始された。2週目を迎えた先々週は「開幕週に比べると前で競馬をした馬にいくぶん有利な馬場だったかな」という印象が残ったもののあくまでフラット。開催後半に入った今週の芝コースも2週目と変わらず「ペース次第でどの脚質にもチャンスのあるフラットに近い馬場」で競馬が行われるのではないか~というのが先週のエントリーだったのだが、結果がどうだったかと言うと・・・

当たらずも遠からずといったところ。

スローペースにもかかわらずレイズアスピリットが差し切り勝ちを決めた九十九里特別(3歳上1000万下)をはじめ土曜日は差し馬が多数馬券に絡んでいたため差し・追い込み馬優勢の馬場だったような印象も残ったが、それは週中に降った雨の影響があったからではないか。雨が降っても稍重程度なら影響が出ないか、もしくは逃げ・先行馬がいくぶん優勢になるが、重になるほど降ると外を通った差し・追い込み馬が優勢になる。また不良になるまで降ると一周回って逃げ・先行馬が優勢となるというのが雨と芝の関係。土曜日の中山競馬場の芝コースは終日稍重発表だったものの週中に降った雨の量は100mm以上(逆にそれで稍重までしかコンディションが悪化しなかったのにはビックリ)。馬場コンディションが回復に向かった6日目の日曜日になるとその傾向も緩和された事を考えると土曜日の馬場は限りなく重馬場に近かい稍重で、差し・追い込み馬の活躍が目立ったのも雨の影響によるものだったのではないかと思われる。
Blog455

今週で最終週を迎える第4回中山開催。

昨年の最終週は8日目のメイン・スプリンターズSで差し馬が結果を残したので差し・追い込み馬が優勢の馬場で開催が行われていたようにも錯覚するが、他のレースではスローペースならば逃げ・先行馬が、平均ペース以上ならば差し・追い込み馬が活躍していたように基本的にはフラットに近い馬場で競馬が行われていた。そんな昨年の傾向を踏まえるならば今年の最終週も「ペース次第でどの脚質にもチャンスのあるフラットに近い馬場」で競馬が行われるのではないと考えている(今週も土曜日に雨が降る予報となっているが、その量は多くないようなので芝に与える影響も少ないハズ)。最終日のメインレースは秋のスプリント王決定戦・スプリンターズSが行われるが馬場の状態が脚質に有利・不利を作らない白熱したレースが見られるのではないだろうか。

ちなみに・・・スローペースにもかかわらず差し馬が結果を残した昨年のスプリンターズSは特殊なレースだった。前半3Fの通過が32秒台のハイペースとなる事で差し馬が活躍する事の多いスプリンターズSだが、昨年は34秒1の超が付くスローペース。このようなペースだと普通ならば前で競馬をした馬が結果を残せるハズなのだがスローすぎて逆に一瞬の切れ味勝負に。結果、そのようなレースを得意とする差し馬が台頭する事となった。今年の場合、ハクサンムーンが引退したため何が何でもという逃げ馬はいないのだが先行馬は多数。昨年、各馬がハクサンムーンに道を譲った事によって引き起こされたスローペースも今年は各先行馬が互いに競う事で例年通りのハイペースとなるのではないか(ビッグアーサーより後ろで競馬をしても勝ち目が薄いという面も働いて)。今年のレースがもしもこの考え通りの流れとなるのならば怖いのは昨年と違ったタイプ(一瞬の切れ味よりもパワー型)の差し馬だろう~と考えているのだがはたして!?

・・・ということでダートでの好走歴のあるスノードラゴンとレッドファルクスは買っておこうと思っている作者であった(責任は取りません)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中山競馬場の芝状態(第4回中山5日目前日)について

今週から第4回開催も後半戦。雨が多くて嫌になりますね。

今開催の芝コースは1年に5回ある開催の中で唯一、洋芝を撤去した野芝主体の馬場で行われる。野芝の草丈は約12~14cm(昨年より2cm長い)。開催前半の1日目~4日目までの4日間は内ラチから3mのところに仮柵を設けるBコースを使用、開催後半の5日目~8日目の4日間は内ラチから6mのところに仮柵を設けるCコースを使用する。


~1週目と比べると前で競馬をした馬が結果を残した気がした2週目~

4月の開催終了後、9月の開催が始まるまでの約5カ月間にコースの大きな手入れが行われる中山競馬場の芝コース。今開催はそんな開催の開幕週だから芝のコンディションは内外とも絶好の状態。当然、コーナーで距離損をし難い逃げ・先行馬が有利のような気もするが、近年は開催前に行われる馬場軟化作業(エアレーションなど)により開幕週から「ペース次第でどの脚質にもチャンスのあるフラットな馬場」で競馬が行われている。昨年の開催開幕週はエアレーションを施した馬場へ週中に降った雨が多量に染み込んだ事によって差し・追い込み馬が大活躍することとなったが、今年の第4回開催開幕週は週中に大した量の雨は降らなかったため昨年とは違って他の開催と同じような「ペース次第でどの脚質にもチャンスのあるフラットな馬場」での開幕となった。

そんな第4回開催も2週目を迎えた先週。

火曜日と木曜日にそれなりの雨が降ったもののそれ以外はまとまった雨は降っていない・・・となると開幕週からたった1週でガラリと馬場の傾向が変わるような事はないだろう。今週も先週と同様に「ペース次第でどの脚質にもチャンスのあるフラットな馬場」の傾向で競馬が行われるのではないだろうか~というのが開催前日の16日金曜日にアップしたエントリーだったのだが、結果がどうだったかというと・・・「当たらずとも遠からず」と言ったところ。開幕してから2週目で馬場の状態は悪くないためスローペースだったレースで前で競馬をしていた馬が勝ち負けするのは当たり前だが、平均ペースのレースでも逃げ・先行馬が結果を残していたことを考えると「フラットはフラットなものの開幕週に比べると前で競馬をした馬に有利な馬場だったかな」という印象が残った。
Blog454


今週で3週目を迎える第4回中山開催。

開催も後半戦となるため馬場も馬の殺到する内側に荒れが目立ち始めてくるころ。こうなると芝の荒れた部分を走る事になる逃げ・先行馬よりも芝の綺麗な部分を走れる差し・追い込み馬の活躍が自然と増えてくるものだが中山競馬場の芝コースは今週からBからCへ。状態の悪くなり始めた部分の芝が仮柵でカバーされるので馬場の状態悪化が脚質に影響を与える事は少ないハズ。開催後半に入った今週の芝コースも先週と変わらず「ペース次第でどの脚質にもチャンスのあるフラットに近い馬場」で競馬が行われるのではないか。先週、前の馬で競馬をしていた馬が結果を残していたことを考えるとフラットに近い馬場と言っても直線一気という競馬で勝ちきるは難しいだろう。後方で競馬をする馬は4コーナーまでに先行集団に取りつくような競馬をしたいところ。そんな競馬が出来るか出来ないかが差し・追い込み馬を狙う上での指標となると思われるが・・・

問題は週中に降った雨。

今週の中山競馬場が所在する船橋市は先週と比べ物にならないぐらいの量の雨が降った。その雨が競馬開催時にどのくらい残っていて、どのくらい脚質の有利・不利を左右するか。雨の影響の残り方次第では先週とは全く違った傾向を示す可能性がある事を忘れてはならない。天気予報によると土曜日は午後から雨、日曜日は日差しが届く模様。日曜日はフリーパスの日という事もあって雨具がいらないのは競馬観戦には助かるが馬場の傾向を読むには逆に厄介。日が照ると刻々と馬場が乾いていくため傾向も時間単位で変わるからだ。馬場は真ん中よりも内側から乾き始めるのが一般的なので日曜日の午後に行われるレースは最内を通れる逃げ・先行馬の一発に警戒が必要。

今週の日曜日はメインレースに産経賞オールカマーが行われる。メンバーを見渡すとゴールドアクターとマリアライトの2頭のマッチレースになりそうな感覚を覚えるが、同じコースで行われたAJCCを逃げ切った経験のあるクリールカイザー、重めの馬場が得意で前で競馬のできるサムソンズプライドなどは無下には扱えないのではないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中山競馬場の芝状態(第4回中山3日目前日)について

今週で第4回開催も2週目。晴れれば暑いし雨が降れば鬱陶しい。

今開催の芝コースは1年に5回ある開催の中で唯一、洋芝を撤去した野芝主体の馬場で行われる。野芝の草丈は約12~14cm(昨年より2cm長い)。開催前半の1日目~4日目までの4日間は内ラチから3mのところに仮柵を設けるBコースを使用、開催後半の5日目~8日目の4日間は内ラチから6mのところに仮柵を設けるCコースを使用する。


~去年と違って今年はペース次第でどの脚質にもチャンスのあった開幕週!~

4月に行われた第3回開催終了後、9月の第4回開催が行われるまでの約5カ月の間に芝コースの大きな手入れをされる中山競馬場。1月に新年を迎え12月に年末を迎える私たちの生活のように中山競馬場の芝コースにとって年末に当たるのが前開催の第3回開催で年始に当たるのが今開催の第4回開催。そんな中山競馬場の芝と芝コースにおいて年初めに当たる開催の開幕週だから芝のコンディションは内外とも絶好の状態。当然、コーナーで距離損をし難い逃げ・先行馬が有利のような気もするが、近年は開催前に行われる馬場軟化作業(エアレーションなど)の効果により開幕週から「ペース次第でどの脚質にもチャンスのあるフラットな馬場」で競馬が行われている。

昨年はフラットどころか差し・追い込み馬が大活躍した第4回開催の開幕週だったが、その理由をエアレーションの効果だけに押し付けるには傾向が極端すぎている。台風と台風に刺激された秋雨前線の影響によって週中に多量の雨が降っていた事を考えると「エアレーションを施した馬場へ週中に降った雨が多量に染み込むという合わせ技によって極端な傾向になった」というのが正しい見方なのではないか~というのが私の見解だった・・・のだが、そうであるならば「開催前に多量の雨さえ降らなければこれほど極端な傾向を示さなかったのではないか」という逆説が成り立つことになる。

今年の第4回開催開幕週も週中に雨は降ったものの大した量ではなかった。

先述したように近年の中山競馬場の芝コースはどの開催の開幕週も傾向のフラットな馬場で競馬が行われているが、見解が正しければ大した量の雨が降らなかった今年の第4回開催の開幕週は昨年とは違って他の開催の開幕週と同じような傾向の馬場で競馬が行われるのではないだろうか~というのが先週のエントリー。その予想がどうだったのかというと・・・、予想通り「ペース次第でどの脚質にもチャンスのあるフラットな馬場」だった。詳しくは主催者発表のレース結果や競馬雑誌の成績表を見ていただきたいが、ペースが遅くなれば1日目8Rの3歳上500万下戦のように逃げ切りが決まり、ペースが速くなれば2日目4Rの3歳未勝利戦のような追い込みも決まっていた。
Blog453

今週で2週目を迎える第4回中山競馬だがまだまだ開幕したばかり。今週は火曜日と木曜日にそれなりの雨が降ったもののそれ以外はまとまった雨は降っていないとなると、先週からガラリと馬場の傾向が変わるような事はないだろう。今週も先週と同様に「ペース次第でどの脚質にもチャンスのあるフラットな馬場」の傾向で競馬が行われるのではないだろうか。とはいえ上位クラスだったり施行距離が長くなったりすると少々ペースが速くなったとしても直線一気という競馬で勝ちきるは難しい。追い込んだ印象のある紫苑Sのビッシュも京成杯AHのロードクエストも前半は後方で競馬をしていたものの4コーナーでは先行集団に並びかけるような競馬をしていた。予想をしているレースがどのようなクラスか、どのような距離で施行されるかを考えて柔軟に対応したいところ。

問題は土曜日は夜から日曜日にかけて降る予報となっている雨。その雨の量次第では土曜日と日曜日とで馬場は全く違った傾向示す可能性が有るので注意が必要だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中山競馬場の芝状態(第4回中山1日目前日)について

もう秋の中山開催。そして2016年も残り4か月(汗)。

今開催の芝コースは1年に5回ある開催の中で唯一、洋芝を撤去した野芝主体の馬場で行われる。野芝の草丈は約12~14cm(昨年と同じ)。開催前半の1日目~4日目までの4日間は内ラチから3mのところに仮柵を設けるBコースを使用、開催後半の5日目~8日目の4日間は内ラチから6mのところに仮柵を設けるCコースを使用する。


~昨年は差し・追い込み馬の活躍が目立った開幕週。今年の馬場は!?~

4月に行われた第3回中山競馬終了後、約5カ月の休養を経て開催されるのが今開催の第4回中山競馬。中山競馬場の芝コースは競馬の行われなかった約5カ月間を利用して野芝の間に生やしていた洋芝を撤去し、痛みの激しかった芝(バックストレッチや1~4コーナー、ホームストレッチの内側など)を張り替えるなど大がかりな整備を行う。1月に新年を迎え12月に年末を迎える私たちの生活のように中山競馬場の芝コースにも1年があって年始と年末があるのだが、年末に当たるのが4月に行われた前開催の第3回開催で年始に当たるのが大がかりな整備を行って初めて行われる第4回開催なのだ。そんな中山競馬場の芝と芝コースにおいて年初めに当たる開催の開幕週だから芝のコンディションは内外共に絶好の状態。当然、コーナーで距離損をし難い逃げ・先行馬が有利のような気もする(インコースを走れるので)。実際に一昔前は開催の開幕週と言えば逃げ・先行馬の天国だったのだが、そうでもないのが近年の傾向。

例えば昨年の第4回開催1日目。

2Rのクラウンスカイ(2歳未勝利戦)、5Rのレッドリュンヌ(2歳新馬戦)、6Rのハッピームーン(3歳未勝利戦)、11R紫苑Sのクインズミラーグロ(3歳牝オープン)など芝のレースの大半で差し・追い込み馬が優勝。2日目になるとその傾向は緩和されたが、それでも2Rのガーネットバローズ(2歳未勝利戦)や11R京成杯AHのフラアンジェリコ(3歳上G3)が豪快な追い込みを決めた。馬場状態の良いハズの開幕週から極端に差し・追い込み馬が優勢だった理由は開催前に行われる馬場軟化作業(エアレーションなど)によるところが大きい・・・が、理由をエアレーションだけに押し付けるには傾向が偏りすぎている。昨年は台風と台風に刺激された秋雨前線の影響によって週中に多量の雨が降った中山競馬場の所在する船橋市。ということは「週中に降った雨がエアレーションを施した馬場に多量に染み込むという合わせ技によって逃げ・先行馬には厳しい傾向になった」というのが正しい見方なのではないか~というのが私の見解だった。

これは逆を言えば「開催前に多量の雨さえ降らなければこれほど極端な傾向を示さなかったのではないか」ということ。今年の第4回開催開幕週も中山競馬場の所在する船橋市は週中(水から木曜日にかけて)に雨が降る予定だった。しかし蓋を開けてみると「台風13号は温帯低気圧に変わったものの雨は多量に降るでしょう」という予報とは裏腹に大した量の雨は降らなかった。ということは今年の第4回開催の開幕週は極端な差し・追い込み馬優勢の傾向を示した昨年とは違った傾向を示すのではないか。

近年の中山競馬場の芝コースはどの開催の開幕週も「ペース次第でどの脚質にもチャンスのあるフラットな馬場」で競馬が行われている。今年の第4回開催の開幕週もそれら開催の開幕週と同じような傾向の馬場で競馬が行われるのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016年第4回中山競馬の特別競走と開催について

2016年第4回中山競馬の開催日と特別競走は以下のとおりです。


~1日目・9月10日(土)~  
    9R・アスター賞(2歳 500万下 芝1600m)
   10R・松戸特別(3歳上 1000万下 ダ1800m 定量)
   11R・紫苑S(3歳牝 G3 芝2000m 秋華賞トライアル)

~2日目・9月11日(日)~ 
    9R・木更津特別(3歳上 1000万下 芝1600m ハンデ)
   10R・ながつきS(3歳上 1600万下 ダ1200m 定量)
   11R・京成杯AH(3歳上 G3 芝1600m ハンデ)


~3日目・9月17日(土)~     
    9R・白井特別(3歳上 1000万下 芝1800m ハンデ)
   10R・初風特別(3歳上 1000万下 芝1200m 定量)
   11R・ラジオ日本賞(3歳上 オープン ダ1800m 別定)

~5日目・9月18日(日)~ 
    9R・浦安特別(3歳上 1000万下 ダ1200m 定量)
   10R・レインボーS(3歳上 1600万下 芝2000m 定量)
   11R・朝日杯セントライト記念(3歳 G2 芝2200m 菊花賞トライアル)


~6日目・9月24日(土)~
    8R・清秋ジャンプS(3歳上 障害オープン 障芝3210m 別定)
    9R・九十九里特別(3歳上 1000万下 芝2500m 定量)
   10R・茨城新聞杯(3歳上 1000万下 ダ1800m 定量)
   11R・セプテンバーS(3歳上 1600万下 芝1200m ハンデ)

~7日目・9月25日(日)~  
    9R・芙蓉S(2歳 オープン 芝2000m 別定)
   10R・外房特別(3歳上 1000万下 芝1600m 定量)
   11R・産経賞オールカマー(3歳上 G2 芝2200m 別定)


~8日目・10月 1日(土)~  
    9R・カンナS(2歳 オープン 芝1200m 別定)
   10R・習志野特別(3歳上 1000万下 芝2000m 定量)
   11R・凱旋門賞発売記念秋風S(3歳上 1600万下 芝1600m 定量)

~9日目・10月 2日(日)~ 
    9R・サフラン賞(2歳牝 500万下 芝1600m)
   10R・勝浦特別(3歳上 1000万下 芝1200m ハンデ)
   11R・スプリンターズS(3歳上 G1 芝1200m 定量)
   12R・内房S(3歳上 1600万下 ダ1800m ハンデ)


<今年の第4回中山開催の変更点と注目点>

昨年と同時期に行われた開催とを見比べて今年の開催は変化があるのかどうかを探すこのコーナー。昨年2015年と比べて今年2016年第4回中山競馬の一番の大きな変更点は2つ。まず今年は「敬老の日を利用した3日間開催が行われない」こと。敬老の日を利用した3日間開催が行われた昨年の第4回開催は全9日間の開催だったが今年は日数が1日減ったため全8日間の開催となっている。ということはレース数も12減るということ。内訳として2歳新馬が1つ、2歳未勝利が4つ、3歳未勝利が1つ、3歳上500万下が5つ、3歳上1000万下が1つ減となっており、このうち特別レースは3歳上500万下の古作特別汐留特別、そして3歳上1000万下の鋸山特別の3レースが行われない・・・が、毎年、この時期にダート2400mで行われていた松戸特別が今年はダート1800mでの施行。3歳上1000万下戦は鋸山特別が行われないが今年の松戸特別と昨年の鋸山特別の条件が一緒だけにレースの名前こそ松戸特別として行われるものの実質は鋸山特別が行われないのではなく松戸特別が行われないような形に。ダート2400mで行われる松戸特別はこの時期の名物特別だっただけに少々残念。


次に大きな変更点は昨年まで3歳牝馬のオープン特別として芝の2000mで開催1日目に行われてきた紫苑Sが今年から重賞競走(G3)として行われる事だろう。

重賞への昇格の理由としては主催者発表によると「秋華賞の興趣を高めるため」というもの。3歳牝馬最後の1冠として10月の京都で行われる秋華賞(芝2000m)。紫苑Sはその秋華賞の関東圏で行われる唯一のトライアルレースとして2006年まで中山競馬場の芝1800mで行われてきたのだが、この紫苑Sで秋華賞出走の権利を取った馬があまりに本番で活躍しないため2007年から施行距離を200m伸ばして秋華賞と同じ距離にして関連性を強めようと昨年まで行われてきた。しかしそれでも本番を活躍する馬は出現せず。2014年、紫苑で2着になったショウナンパンドラが秋華賞を勝ったが、その年の紫苑Sは中山競馬場がスタンド工事のため新潟競馬場で行われたのだった(汗)。ということで、紫苑Sを重賞に格上げすることでメンバーの質を上げて秋華賞トライアルレースとして機能させようということだと思われる。規定により初年度の今年は格付け上「新設重賞」という扱いだが(来年・再来年は「重賞」格付けで正式にグレードが付くのは4年目から)、賞金は今年から他の牝馬G3戦とほぼ同じとなっている。

関東圏で行われる唯一の秋華賞トライアルではありながら単なるオープン特別だったこと、関係者が何かと中山コースを毛嫌いする傾向にあったことなどによって今までは関東馬さえもリスクを承知で次週に阪神競馬場で行われるローズSに出走するか、8月に札幌競馬場行われるクイーンSに出走するという事が多かった。そんな関東馬にさえそっぽを向かれる紫苑Sの出走馬はオープンの特別戦にもかかわらず500万下を勝ったような馬がばかりでオープン特別ながら実質は1000万下戦と変わらない紫苑Sを勝って単に賞金を上積みしたという馬が出走するようなレースに・・・。おかげで秋華賞に絡まないからメンバーが集まらないのかメンバーが集まらないから秋華賞に絡まないのか~という卵が先か鶏が先かというのが今までの紫苑Sの状況・・・だったのだが、G3戦となったことでこの「負のスパイラル」から抜け出せるかどうかが見所。

G3に格上げされた初年度である今年、昨年の阪神JFの覇者で今年のNHKマイルCの覇者でもあるメジャーエンブレムが早々と参戦を表明していた・・・のだが、故障の回復が思うように進まず路線を変更・・・。1週前の特別登録馬を見るとフラワーCの優勝馬であるエンジェルフェイスやオークスであわやの3着となったビッシュ、遅れてきた大物・・・だと思われるアドヴェントスなど名前があって例年に比べればメンバーの層は厚くなったような気もする・・・ものの、それほど変わらない気もするというのが本音。とにもかくにもメジャーエンブレムの路線変更。これが大きな損失である事は間違いない。


これら大きな変更点2点のほか、細かい点では昨年定量戦で行われた白井特別がハンデ戦になったことぐらいか。7日目のメインレースとして行われる秋風Sは1600万下のレースながら「凱旋門賞初売記念」という冠が付いた記念競走となっている。


それから・・・

通常は200円の競馬場入場料が無料となる「フリーパスの日(中山競馬場)」の実施は今年は9月25日の日曜日(開催6日目)に予定(昨年はセントライト記念が行われた5日目)。フリーパス当日のメインレースとして行われるG2・オールカマー(3歳上芝2200m)には昨年の有馬記念の覇者であるゴールドアクターや今年の宝塚記念の覇者であるマリアライトが出走を予定しており、天気が良ければ2頭のグランプリホースの秋の初戦を観に多くのお客さんが集まりそうだ。ちなみに、例年、春の第3回開催で行われてきたイベント「ファンと騎手との集い」が今年は第3回開催に行われず「第4回に開催します」との事だったが、そのメインイベントがオールカマー当日の最終レース終了後に行われる予定。普通、このようなイベントは開催を締めくくる最終週のスプリンターズS(芝1200m・G1)の日に行われるハズだが・・・スプリンターズSって一体(汗)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2016 | Main | November 2016 »