« November 2016 | Main | January 2017 »

中山競馬場の芝状態(第5回中山7日目前日)について

今週で第5回中山開催も最終週。年末に3日間開催だなんて慌ただしくてかなわん。

今開催の第5回中山開催は冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。コースはステイヤーズSの行われる1日目(3日)から有馬記念の行われる9日目(25日)まで内ラチから仮柵を設けないAコース使用する。


~予想以上に差し・追い込みが決まっていた先週の3週目だが・・・~

4月に行われた第3回開催終了後、9月の第4回開催が始まるまでの約5か月間の休養期間を利用して芝コースの大規模な手入れが行われる中山競馬場。そんな作業を行った後に初めてAコースで競馬が行われるのが12月に行われる今開催の第5回開催。内ラチから3m以内の芝は第4回開催で利用された内ラチから3m以上の芝よりも良好な状態ということで第5回開催は1年でも最も逃げ・先行馬が活躍できるであろうハズなのだが・・・それは一昔前まで。理由は開催前に施されるエアレーションと言う馬場を軟化させる作業にあり。この作業によって開幕週の綺麗で荒らされていない素軽い馬場も適度にパワーが必要となるため開幕週にもかかわらず差し・追い込み馬が活躍できる馬場で競馬が行われている~というのが現在の中山競馬場の芝コースである。

このエアレーション作業によって今年も差し・追い込み馬も活躍できる馬場状態で開幕した第5回中山開催。開催2週目の前週も平均ペースで流れたレースで逃げ・先行馬と差し・追い込み馬で決着していたことを考えると基本的には「ペース次第でどの脚質にもチャンスのある有利不利の少ない馬場」も競馬が行われていたと言える。気温の低下で芝が育たない冬季という事もあり芝のレース数が抑制されていること、また開催中に雨が降ったわけでもなく消耗も少ない事などから極端な馬場の悪化や傾向の変化は考えにくい。このため3週目の今週も2週目と似たような「ペース次第でどの脚質でも活躍できるフラットに近い馬場」で競馬が行われるのではないか~というのが先週の開催5日目前日にアップしたエントリーだったのだが、結果はどうだったかというと・・・

まさかまさかの差し・追い込み馬、大・活・躍(汗)。

5日目9R・ひいらぎ賞のアウトライアーズ、11R・ターコイズSのマジックタイムとレッツゴードンキ、6日目10R・南総Sのトウカイセンスとクリノタカラチャン、11R・ディセンバーSのツクバアズマオーとルミナスウォーリアーなどなど多くの芝レースで勝ち負けに絡むのは、道中、中団より後ろで競馬をしていた馬ばかり。開催1週目も先週の2週目も差し・追い込み馬が活躍できる馬場ではあったが、ここまで活躍が目立つことはなかった。3週目に入った途端に急に、そして極端に芝の傾向が変化している・・・と現地で観ていて愕然としたのだが、家に帰ってレースの詳細を調べてみて納得。これら差し・追い込み馬が活躍した殆どのレースが平均以上のペースで流れていたからだ(スローペースにもかかわらず差し・追い込み馬同士で決着したディセンバーSは6F目から急激なペースアップでゴールまでのロングスパート戦となったため)。
Blog458

差し・追い込み馬が勝つときは鮮やかなために印象に残りがち。

差し・追い込み馬が2戦続けて勝ち負けすれば差し・追い込み馬向きの馬場だと思ってしまいやすいが、5日目3R・2歳未勝利戦のミッキーワイン、5R・2歳新馬戦のカリンバ、12R・3歳上1000万下戦のスマートルビー、6日目12R・3歳上1000万下のオートクレールなどペースが遅かったレースではしっかりと逃げ・先行馬も活躍しているという点を見逃してはいけないだろう。内ラチ沿いよりも外目の馬場の方が伸びが目立つのは確かで(とはいえ内ラチ沿いが伸びないわけではない)、傾向としてもフラットというよりは差し・追い込み馬向きのに振れているように思える事も確かだが、「差し・追い込み馬天国」とまでは言い切れないのが先週3週目の馬場だった。

今週で最終週を迎える第5回中山開催。

木曜日の夜から金曜日の明け方に降るという雨がどれほど馬場に影響を与えるかは未知数なものの、先週の競馬の結果を踏まえると今週も逃げ・先行馬よりは差し・追い込み馬の活躍の方が目立つ可能性が高い(あくまで「ペース次第」という前置きはあり)。外目の馬場を通った馬の伸びが目立つこともあり、展開がハマった時の差し・追い込み馬の強さは目を見張るものがあるが、そんな道中は中団、また中団よりも後ろで競馬をするような脚質の馬の中でも3コーナーから捲りを打てるような「長くいい脚を使える馬」は要注意。今年の有馬記念はそんなレースを得意としている馬が沢山出走しているのが悩ましいところだが、そんな中で本命に推すとするならばサトノダイヤモンド。

馬自身の総合力はもちろん、有馬記念と相性の良いその年の菊花賞の勝ち馬であること、古馬の牡馬より2キロ軽い斤量であること、手綱を握るのが年間リーディングを狙う野望のあるC・ルメール騎手であること、馬主である里見氏の勢いが確変に突入したかのような状態であること、ロングスパート戦になりやすい京都コースが得意なこと、4コーナーで追わずして自然に上がっていける自在性があることなどなど隙が少ない。好成績の1枠1番を引き当てたキタサンブラックはもちろん強力だがJCで逃げ切りを許しているだけに有馬記念では他の馬も早め早めの仕掛けで勝負に出るに違いない。こうなればレースの展開さえもサトノダイヤモンドに味方するのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中山競馬場の芝状態(第5回中山5日目前日)について

第5回中山開催も今週から後半戦。阪神に比べて中山はほのぼの。

今開催の第5回中山開催は冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。コースはステイヤーズSの行われる1日目(3日)から有馬記念の行われる9日目(25日)まで内ラチから仮柵を設けないAコース使用する。


~どの脚質にもチャンスのある馬場状態で競馬が行われていた2週目~

4月に行われた第3回開催終了後、9月の第4回開催が始まるまでの約5か月間の休養期間を利用して芝コースの大規模な手入れが行われる中山競馬場。そんな作業を行った後に初めてAコースで競馬が行われるのが12月に行われる今開催の第5回開催。内ラチから3m以内の芝は第4回開催で利用された内ラチから3m以上の芝よりも良好な状態ということで第5回開催は1年でも最も逃げ・先行馬が活躍できるであろうハズなのだが・・・それは一昔前まで。理由は開催前に施されるエアレーションと言う馬場を軟化させる作業にあり。この作業によって開幕週の綺麗で荒らされていない素軽い馬場も適度にパワーが必要となるため開幕週にもかかわらず差し・追い込み馬が活躍できる馬場で競馬が行われている~というのが現在の中山競馬場の芝コースである。

このエアレーション作業によって今年も差し・追い込み馬も活躍できる馬場状態で開幕した第5回中山開催。ただ「下手をすると差し・追い込み馬に有利な馬場なのではないか」と錯覚するほどだった昨年と比べるとそこまで印象に残らなかった(理由はエアレーション作業をして時間が経っていたから~かどうかは分からない)。1週目で行われた芝のレースは障害レースのイルミネーションJSを除いて10R(全24レース中)。開催中に雨が降ったわけでもなく消耗も少ない事から、たった1週で極端な馬場の悪化&傾向の変化は考えにくい。今週も1週目と似たような「いくらか差し・追い込み馬向きだが基本的にはフラットに近い馬場状態」で競馬が行われるのではないか~というのが開催3日目前日にアップした先週のエントリーだったのだが・・・どうだったかというと、

予想通り、フラットに近い馬場状態で競馬が行われていた。

そのように考えられる理由は平均ペースで流れたレースで逃げ・先行馬と差し・追い込み馬で決着していたから。「ペースによって活躍する脚質が変わるフラットに近い馬場」で競馬が行われているのであるのならば、ペースが遅くなれば逃げ・先行馬同士で、またペースが速くなれば差し・追い込み馬同士で決着する可能性が高くなるだろう。それならば平均ペースで流れたレースは逃げ・先行馬と差し・追い込み馬で決着する可能性が他のペースで流れたレースよりも高くなるハズである。先行したラッシュアウトと差してきたフクノクオリアで決着した4日9Rの2歳500万下・黒松賞(芝1200m)と、先行したサクラアンプルールと追い込んできたカレンリスベットで決着した10Rの3歳上1600万下・美浦S(芝1800m)は平均ペースで流れたレースだったが、そんな平均ペースで流れた2つのレースで逃げ・先行馬と差し・追い込み馬で1・2着を分け合っていたことを考えると、先週の中山競馬場の芝コースはペース次第でどの脚質にもチャンスのある有利不利の少ない馬場状態で競馬が行われていたと言えるのではないか。
Blog457

近年はエアレーションと呼ばれる馬場軟化作業の効果により開幕週から差し・追い込み馬が活躍できるようになったが、エアレーション作業を施してから時間が経過すること、またコースが利用されることによって馬場は硬化していくため、開催が進むことで次第に前で競馬をした馬の活躍も目立つようになってくる(もちろんペースによるが)。一昔前までは芝の状態が良い開幕週などは逃げ・先行馬が活躍が目立ち、開催が進んで馬場が荒れることで差し・追い込み馬の活躍が目立つようになることが多かったのだが、開催前にエアレーション作業が行われるようになってからは逆の変化を辿っていくというのが私の中にある芝コースのイメージ。降雨などの直接馬場状態を変化させるような要因が無ければ~という条件付きではあるが今開催も開催が進むにつれてフラット、そして逃げ・先行馬が活躍できる馬場状態に変化するという経過を辿ると予想している。

今週から後半戦となる第5回中山開催。

2週目に行われた芝のレースは3・4日目を合わせて11R(全24レース中)。開催中に雨が降ったわけでもなく消耗も少ない事から極端な馬場の悪化や傾向の変化は考えにくい。週中にそれなりの雨が降ったものの冬場ということもあり、降った雨が馬場を柔らかくするとも思えないため、今週で開催も後半となるが2週目の先週と似たような「ペース次第でどの脚質でも活躍できるフラットに近い馬場」で競馬が行われるのではないか。まずは買いたいレースがどんなペースになりそうかを予想した上で、買いたい馬がどんな脚質か、その脚質がそのペースに向くか向かないかを判断して印の重みを変えるのが馬券に対する正しいアプローチとなるのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中山競馬場の芝状態(第5回中山3日目前日)について

今週で開催2週目。G1で盛り上がる阪神に比べて中山はほのぼの。

今開催の第5回中山開催は冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。コースはステイヤーズSの行われる1日目(3日)から有馬記念の行われる9日目(25日)まで内ラチから仮柵を設けないAコース使用する。


~開幕週から差し・追い込み馬が活躍したが、昨年ほどではなかった先週~

4月に行われた第3回開催終了後、9月の第4回開催が始まるまでの約5か月間の休養期間を利用して芝コースの大規模な手入れが行われる中山競馬場。そんな作業を行った後に初めてAコースで競馬が行われるのが12月に行われる今開催の第5回開催。内ラチから3m以内の芝は第4回開催で利用された内ラチから3m以上の芝よりも良好な状態ということで第5回開催は1年でも最も逃げ・先行馬が活躍できるであろうハズなのだが・・・それは一昔前まで。理由は開催前に施されるエアレーションと言う馬場を軟化させる作業にあり。この作業によって開幕週の綺麗で荒らされていない素軽い馬場も適度にパワーが必要となるため開幕週にもかかわらず差し・追い込み馬が活躍できる馬場で競馬が行われている~というのが現在の中山競馬場の芝コースである。

そんな近年の傾向から考えると今年の開幕週も例年と似たような「差し・追い込み馬が活躍できる馬場」で競馬が開催されるのではないかと予想(とはいえ差し・追い込み馬が有利な馬場で開幕すると言う訳ではなく、芝の状態が良い開幕週とて逃げ・先行馬有利の馬場ではないと言う事)。「とりあえず開幕週だから」と言ってやみくもに逃げ・先行馬を買い続けるのは危険。開幕週といえども馬の能力やクラス、レースのペースを予想したうえで一番勝利に近いであろう馬をピックアップするのが馬券における正しいアプローチとなるのではないか~というのが開催1日前にアップした先週のエントリー。


結果はどうだったかというと・・・予想通り開幕週から差し・追い込み馬が活躍!

例えばレイデオロが優勝した1日目9Rの葉牡丹賞(芝2000mの2歳500万下戦)、グレーターロンドンが優勝した12R(芝1600mの3歳上1000万下戦)、ハツガツオが優勝した2日目12R(芝2500mの3歳上1000万下戦)などなど鮮やかな差し・追い込みが決まったレースが多数あった・・・のだが「下手をすると差し・追い込み馬に有利な馬場なのではないか」と錯覚するほどだった昨年と比べると今年の開幕週はそこまで印象に残らなかった。「低いクラスほど後ろで競馬をしていた馬の活躍が目立ち、クラスが上がれば上がるほど前で競馬していた馬が活躍が目立つ」と考えた判別手段もいまいちツボを外した感あり。サンプルが少ないので言い切れないが差し・追い込みが決まっていたのは2歳500万下や3歳上1000万下戦の中間クラス帯で2歳新馬戦や未勝利戦などの低いクラスほど前で競馬をした馬が頑張っていた姿が印象として残った。
Blog456

JRAのサイトをよくよく見てみると「第4回開催終了後にエアレーション作業を実施した」となっている。エアレーションが行われた詳しい日付などは記されていなかったため、いつ作業が行われたかは定かではないが、文脈から読み取るに開催直前に行われたわけではない様子。記憶が定かではないのが申し訳ないのだが以前まで開催直前に行っていたような気がしたエアレーション。もしもエアレーション作業をして時間が経っての開幕ならば例年に比べて少々硬めの馬場になっているのかもしれず、それが昨年ほど差し・追い込み馬の活躍が印象に残らなかった理由なのかもしれない。

今週で2週目を迎える第5回中山開催。

1週目で行われた芝のレースは障害レースのイルミネーションJSを除いて10R(全24レース中)。開催中に雨が降ったわけでもなく消耗も少ない事から、たった1週で極端な馬場の悪化&傾向の変化は考えにくい。今週も1週目と似たような「いくらか差し・追い込み馬向きだが基本的にはフラットに近い馬場」で競馬が行われるのではないか。

エアレーションと呼ばれる馬場軟化作業の効果により開幕週から差し・追い込み馬が活躍できるようになった近年の中山競馬場の芝コースだが、エアレーション作業から時間が経過する、またはコースが利用されるにつれて馬場は徐々に硬くなるため開催が進むことで次第に前で競馬をした馬が押し切るレースが多くなってくる。それを踏まえると2週目は1週目以上に差し・追い込み馬が活躍するとは考えにくい。競走馬に乗るジョッキーも馬券を買うファンも後ろで競馬をする馬に気を取られ過ぎないのが吉か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中山競馬場の芝状態(第5回中山1日目前日)について

奥さん、気が付いたらもう12月ですよ(汗)。

今開催の第5回中山開催は冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。コースはステイヤーズSの行われる1日目(3日)から有馬記念の行われる9日目(25日)まで内ラチから仮柵を設けないAコース使用する。


~芝は状態は良好だがクラスによっては差し・追い込み馬が活躍!?~

4月に行われた第3回開催終了後、第4回開催が始まるまでの約5か月間の休養期間を利用して芝コースの大規模な手入れが行われる中山競馬場。そんな作業を行った後に初めて行われる開催が9月に行われる第4回開催であるが、この開催で使われるコースはBとC(前半5日が内ラチから3m地点に仮柵を設けるBコース、後半4日が内ラチから6m地点に仮柵を設けるCコース)。その後、府中で行われる2か月の開催を経て12月に中山で行われるのが今開催の第5回開催だ。この第5回開催は上記したように開幕週から開催最終週まで仮柵を設けないAコースで行われる。つまり芝の大規模な手入れが行われて以降、初めてAコースが使用される開催となる。内ラチから3m地点までの芝は最高の状態であるため中山競馬場の芝コースにとって新年にあたる第4回開催よりも逃げ・先行馬有利となる可能性さえあると言えるのだ。

ということで・・・

今開催の前半4日目ぐらいまではラチ沿いを走れる逃げ・先行馬が活躍するのは火を見るより明らかのハズ。どんなクラスのレースでも逃げ・先行馬有利のレース乱発となる・・・のは一昔前まで。それは、ここ数年は開幕週から差し・追い込み馬が活躍するという結果が出ているから。理由は開催前に施されるエアレーションと言う馬場を軟化させる作業にあり。開幕週の綺麗で荒らされていない素軽い馬場もエアレーションにより適度にパワーが必要となる。おかげで開幕週にもかかわらず差し・追い込み馬が活躍できるような馬場で競馬が行われているのが現在の中山競馬場の芝コース。

昨年の第5回開催開幕週を振り返ってみても開幕週から差し・追い込み馬が活躍!

例えば1日目の5R(2歳新馬戦)は4角で9~10番手にいたキタサンガンバが優勝。9Rの葉牡丹賞(2歳500万下)は4角で14~15番手にいたメートルダールが優勝、11RのステイヤーズS(3歳上G2)は4角10~11番手にいたカムフィーが2着。2日目の4R(2歳未勝利戦)は4角で9~11番手にいたグリントオブライトが2着、6R(2歳新馬戦)は4角で9~10番手にいたサーブルオールが優勝。12R(3歳上1000万下)は4角9~10番手にいたサトノレオパードが優勝。2日間で芝のレースは障害競走を抜かして11レースあったが、その半分以上で差し・追い込み馬が連に絡んだ格好。坂を上ってもまだまだ前の馬との差があるのに、そこからゴールまでの100mも満たない間でガラリと大勢が変わってしまうのが印象的で「差し・追い込み馬でも活躍できる馬場というよりは差し・追い込み馬に有利な馬場なのではないか」と錯覚するほどだった。


とはいえ、そんな差し・追い込み馬が活躍するレースばかりではないからやっかいではあるのだが「買おうと思っているレースで差し・追い込みが決まりやすいかどうか」を推測する手段が無いわけではない。レースを観ているとどうやら未勝利や新馬戦、500万下といった下位クラスでは中団以降で競馬をしていた馬の活躍が目立つが、上位クラスになればなるほど前で競馬していた馬の逃げ・先行馬が目立つような気がする(その境目は1000万下と1600万下クラスの間か)。理由は上位クラスになればなるほど前で競馬をする馬にも能力があるであろうため。そう考えればクラスが上がるほど前で競馬をした馬の活躍が目立つようになるというのは不自然な事ではないだろう。

上記したのは昨年の例ではあるが・・・

ここ数年はそんな傾向が強いことを考えると今年の開幕週も似たような傾向を示すのではないかと予想している(とはいえ差し・追い込み馬が有利な馬場で開幕すると言う訳ではなく、芝の状態が良い開幕週とて逃げ・先行馬有利の馬場ではないと言う事)。「とりあえず開幕週だから」と言ってやみくもに逃げ・先行馬を買い続けるのは危険。開幕週といえども馬の能力やクラス、レースのペースを予想したうえで一番勝利に近いであろう馬をピックアップするのが馬券における正しいアプローチとなるのではないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2016 | Main | January 2017 »