« 中山競馬場の芝状態(第5回中山3日目前日)について | Main | 中山競馬場の芝状態(第5回中山7日目前日)について »

中山競馬場の芝状態(第5回中山5日目前日)について

第5回中山開催も今週から後半戦。阪神に比べて中山はほのぼの。

今開催の第5回中山開催は冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。コースはステイヤーズSの行われる1日目(3日)から有馬記念の行われる9日目(25日)まで内ラチから仮柵を設けないAコース使用する。


~どの脚質にもチャンスのある馬場状態で競馬が行われていた2週目~

4月に行われた第3回開催終了後、9月の第4回開催が始まるまでの約5か月間の休養期間を利用して芝コースの大規模な手入れが行われる中山競馬場。そんな作業を行った後に初めてAコースで競馬が行われるのが12月に行われる今開催の第5回開催。内ラチから3m以内の芝は第4回開催で利用された内ラチから3m以上の芝よりも良好な状態ということで第5回開催は1年でも最も逃げ・先行馬が活躍できるであろうハズなのだが・・・それは一昔前まで。理由は開催前に施されるエアレーションと言う馬場を軟化させる作業にあり。この作業によって開幕週の綺麗で荒らされていない素軽い馬場も適度にパワーが必要となるため開幕週にもかかわらず差し・追い込み馬が活躍できる馬場で競馬が行われている~というのが現在の中山競馬場の芝コースである。

このエアレーション作業によって今年も差し・追い込み馬も活躍できる馬場状態で開幕した第5回中山開催。ただ「下手をすると差し・追い込み馬に有利な馬場なのではないか」と錯覚するほどだった昨年と比べるとそこまで印象に残らなかった(理由はエアレーション作業をして時間が経っていたから~かどうかは分からない)。1週目で行われた芝のレースは障害レースのイルミネーションJSを除いて10R(全24レース中)。開催中に雨が降ったわけでもなく消耗も少ない事から、たった1週で極端な馬場の悪化&傾向の変化は考えにくい。今週も1週目と似たような「いくらか差し・追い込み馬向きだが基本的にはフラットに近い馬場状態」で競馬が行われるのではないか~というのが開催3日目前日にアップした先週のエントリーだったのだが・・・どうだったかというと、

予想通り、フラットに近い馬場状態で競馬が行われていた。

そのように考えられる理由は平均ペースで流れたレースで逃げ・先行馬と差し・追い込み馬で決着していたから。「ペースによって活躍する脚質が変わるフラットに近い馬場」で競馬が行われているのであるのならば、ペースが遅くなれば逃げ・先行馬同士で、またペースが速くなれば差し・追い込み馬同士で決着する可能性が高くなるだろう。それならば平均ペースで流れたレースは逃げ・先行馬と差し・追い込み馬で決着する可能性が他のペースで流れたレースよりも高くなるハズである。先行したラッシュアウトと差してきたフクノクオリアで決着した4日9Rの2歳500万下・黒松賞(芝1200m)と、先行したサクラアンプルールと追い込んできたカレンリスベットで決着した10Rの3歳上1600万下・美浦S(芝1800m)は平均ペースで流れたレースだったが、そんな平均ペースで流れた2つのレースで逃げ・先行馬と差し・追い込み馬で1・2着を分け合っていたことを考えると、先週の中山競馬場の芝コースはペース次第でどの脚質にもチャンスのある有利不利の少ない馬場状態で競馬が行われていたと言えるのではないか。
Blog457

近年はエアレーションと呼ばれる馬場軟化作業の効果により開幕週から差し・追い込み馬が活躍できるようになったが、エアレーション作業を施してから時間が経過すること、またコースが利用されることによって馬場は硬化していくため、開催が進むことで次第に前で競馬をした馬の活躍も目立つようになってくる(もちろんペースによるが)。一昔前までは芝の状態が良い開幕週などは逃げ・先行馬が活躍が目立ち、開催が進んで馬場が荒れることで差し・追い込み馬の活躍が目立つようになることが多かったのだが、開催前にエアレーション作業が行われるようになってからは逆の変化を辿っていくというのが私の中にある芝コースのイメージ。降雨などの直接馬場状態を変化させるような要因が無ければ~という条件付きではあるが今開催も開催が進むにつれてフラット、そして逃げ・先行馬が活躍できる馬場状態に変化するという経過を辿ると予想している。

今週から後半戦となる第5回中山開催。

2週目に行われた芝のレースは3・4日目を合わせて11R(全24レース中)。開催中に雨が降ったわけでもなく消耗も少ない事から極端な馬場の悪化や傾向の変化は考えにくい。週中にそれなりの雨が降ったものの冬場ということもあり、降った雨が馬場を柔らかくするとも思えないため、今週で開催も後半となるが2週目の先週と似たような「ペース次第でどの脚質でも活躍できるフラットに近い馬場」で競馬が行われるのではないか。まずは買いたいレースがどんなペースになりそうかを予想した上で、買いたい馬がどんな脚質か、その脚質がそのペースに向くか向かないかを判断して印の重みを変えるのが馬券に対する正しいアプローチとなるのではないだろうか。

|

« 中山競馬場の芝状態(第5回中山3日目前日)について | Main | 中山競馬場の芝状態(第5回中山7日目前日)について »

「中山競馬場芝コースの状態」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6937/64628281

Listed below are links to weblogs that reference 中山競馬場の芝状態(第5回中山5日目前日)について:

« 中山競馬場の芝状態(第5回中山3日目前日)について | Main | 中山競馬場の芝状態(第5回中山7日目前日)について »