« 2017年第2回中山競馬の特別競走と開催について | Main | 中山競馬場の芝状態(第2回中山3日目前日)について »

中山競馬場の芝状態(第2回中山1日目前日)について

アッという間に第1回東京開催終了!そして第2回中山開催開始!

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。中山記念が行われる1週目からフラワーCが行われる最終週までの全8日間、仮柵を設けないAコースを使用する。


~昨年は差し・追い込み馬の活躍も目に付いた開催開幕週。今年は・・・?~

今開催となる2017年第2回中山開催は昨年12月に行われた2016年第5回開催以来、2か月ぶりに内ラチに仮柵を設けないAコースを使用する。12月~2月といえば寒さの影響で芝が殆ど育たない時期ではあるものの1月に行われた前開催の第1回中山開催は全日、内ラチから6メートル地点に仮柵を設けるCコースを使用した。つまり仮柵が設けられた部分は2か月間は全く使われていないため厳寒期とはいえラチ沿いの芝は悪化を免れて一定の状態を保持している事になる。このため一昔前までの第2回開催の開幕週は他の開催の開幕週と同じくラチ沿いを走る事のできる逃げ・先行馬が幅を利かせていたのだが・・・、エクイターフの導入やエアレーションの効果などにより以前ほど極端な傾向を示さなくなっている~というのが近年の中山競馬場の芝コース。

昨年の第2回開催開幕週を振り返ってみても差し・追い込み馬が善戦していた印象。

レース結果を見てみると逃げ・先行馬、差し・追い込み馬がまんべんなく馬券に絡んでいたため「芝の状態はフラットに近かった」ような感じを受ける・・・・が、ペースが遅いレースでも差し・追い込み馬が馬券に絡んでいたことを考えれば芝の状態はフラットといよりは「いくぶん差し・追い込み馬向きの馬場」だったといえるのではないか。

とはいえ純粋な差し・追い込みで勝ったのは2日目7Rのスキャットエディと冨里特別のストレンジクォークの2頭。中団や後方で競馬をして勝った他の馬たちは道中にポジションを上げて4コーナーで先行集団に取りつく「捲り」を打っていた(捲りを打たなかった他の差し・追い込み馬は直線で脚を伸ばしても2~3着どまりという印象だった)。


この時期は暖かい日が多い冬だったり寒い日が多い冬だったり、雪が物凄く降った冬だったり雪があまり降らない冬だったりと気温や環境に差が激しいため年によって芝の育ち方はマチマチ。よって活躍する脚質の傾向にも年によって幅がある。ようは「蓋を開けてみなければ活躍する脚質は分からない」ということなのだが、今年の冬は特段、暖かい日が多かったというわけではないものの、特段、寒い日が多かったわけでもなく、積もるような雪も降らなかったので芝の育ちも悪くは無いハズ。ということで第2回中山競馬の開幕週は昨年と同じような「開幕週から差し・追い込み馬でも活躍できるフラットに近い馬場」で競馬が行われるのではないか~と考えているのだが・・・。

|

« 2017年第2回中山競馬の特別競走と開催について | Main | 中山競馬場の芝状態(第2回中山3日目前日)について »

「中山競馬場芝コースの状態」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6937/64908861

Listed below are links to weblogs that reference 中山競馬場の芝状態(第2回中山1日目前日)について:

« 2017年第2回中山競馬の特別競走と開催について | Main | 中山競馬場の芝状態(第2回中山3日目前日)について »