« 中山競馬場の芝状態(第3回中山1日目前日)について | Main | 中山競馬場の芝状態(第3回中山5日目前日)について »

中山競馬場の芝状態(第3回中山3日目前日)について

今週で第3回開催は2週目。例年なら見頃ですが今年の桜はまだまだです。

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は12センチ~16センチ。日経賞が行われる1週目はAコースを使用、ダービー卿CTが行われる3日目(2週目)から皐月賞が行われる最終週の8日目(4週目)までの6日間は内ラチから3m地点に仮柵を設けるBコースが使用される予定。


~中山競馬場の芝コースは今週からBコース。フラットに近い馬場に戻る!?~

一昔前までの開催開幕週といえばラチ沿いを走る事のできる逃げ・先行馬が幅を利かせていたのだが、近年はエアレーションの効果などにより以前ほど極端な傾向を示さなくなっている中山競馬場の芝コース。今年の第2回開催も開幕週こそスローペースのレースが多くて逃げ・先行馬の活躍が目立ったが、2週目以降はスローでも差し切りの決まるレースが出現するなど差し・追い込み馬の活躍が目立つ結果に。とはいえ、最後の直線だけで前の馬をゴボウ抜くような極端な追い込みは決まりにくく、差し切られたとしても逃げ・先行馬は2~3着を確保していた。この事を考えると「差し・追い込み馬優勢」というよりは「基本的にフラットな馬場ではあるものの差し・追い込み馬むきの傾向へ振れている」というニュアンスの馬場で競馬が行われていたと言えるだろう。

そんな開催から引き続いて行われるのが今開催の第3回中山競馬である。

開催は替わったが第3回中山開催は1週目まで前開催の第2回開催から引き続いてAコースを使用する。2日目の日曜日は雨が降るとのことで降り方や量によっては馬場の傾向が変化する可能性も低くはないが、晴れると言われている1日目は馬場の傾向が大きく変化するような事象は思いつかない。第2回最終週は2~3週目に比べれば若干ではあるもののフラット寄りに戻りつつあったような気もしたが、第3回1週目も第2回最終週と似たような「基本的にフラットではあるが差し・追い込み馬むきの傾向へ振れてきている馬場」で競馬が行われるのではないか~というのが先週の開催1日目前日にアップしたエントリーだったのだが、どうだったかというと・・・

まあまあ予想した通りの結果に。

開催2日目は天気予報通りに朝から雨。5Rの3歳未勝利戦と両国特別で逃げ・先行馬が活躍したが、それらのレースは前半1000mの通過が1分3秒を超えるようなペースだった。前半1000mの通過が1分3秒と言えば普段なら超スローペースだが、例年に比べても今年の中山競馬場の芝コースはパワーが必要の様子。そんなパワーが必要な馬場に朝から降り続いた雨も加わって前半600mが36秒前後、また前半1000mの通過が1分3秒前後という数字を境に活躍する脚質が変化する分水嶺があったようだ。晴れた開催1日目の競馬を振り返ると多くのレースで差し・追い込み馬が優勝したものの2~3着には逃げ・先行馬が残るレースが多かった。この結果から「基本的にフラットではあるが差し・追い込み馬むきの傾向へ振れてきている馬場で競馬が行われるのではないか」という見立ては間違っていなかったのではないかと思われる。


そんな中山競馬場の芝コースも今週からBコースを使用する。

このコース移動によって状態が悪くなっていたラチ沿いの芝が仮柵によってカバーされる事となる。参考までに昨年の第3回2週目を振り返った記事を読み返してみると

~4日目9Rの千葉日報杯でアルマエルナトのが豪快な追い込みを決めたものの、3日目に行われた山吹賞や安房特別などなど先行馬が活躍するレースも有った。極端に逃げ・先行馬有利という訳ではないし外目の馬場が伸びない訳ではない。外も伸びるが内も伸びるので外の馬が伸びてきても先に先頭に立った内の馬を差し切れない感じ~

と書いてあった。ちなみに昨年の第3回開催1週目は「差し・追い込み馬優勢の馬場で競馬がおこなわれていた」とのことなので、それが仮柵によって上記のような結果になったのならば、今年もコース移動によって馬場の傾向に変化があるのではないか(つまり差し・追い込み馬向きに振れていた馬場傾向に抑止がかるのではないか)。

気温が上昇し始める今の時期は芝の成長も早くなるため、たった1週で馬場の傾向が変わることもある。また年によって芝の育成・成長具合も違う。雨が降る・降らないもある。このため競馬が始まってみないと分からないところはあるが(今週から洋芝の草丈は上下限ともに2センチずつ長い設定になっているし)、そのような不確定要素を全て排除して考えるとするならば、コース移動が行われる今週は先週までの「基本的にフラットではあるものの差し・追い込み馬むきの傾向へ振れてきている馬場」ではなく「基本的にフラットに近い馬場」で競馬が行われると予想しているのだが・・・。

|

« 中山競馬場の芝状態(第3回中山1日目前日)について | Main | 中山競馬場の芝状態(第3回中山5日目前日)について »

「中山競馬場芝コースの状態」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6937/65085044

Listed below are links to weblogs that reference 中山競馬場の芝状態(第3回中山3日目前日)について:

« 中山競馬場の芝状態(第3回中山1日目前日)について | Main | 中山競馬場の芝状態(第3回中山5日目前日)について »