« 2018年第3回中山競馬の特別競走と開催について | Main | 中山競馬場の芝状態(第3回中山3日目前日)について »

中山競馬場の芝状態(第3回中山1日目前日)について

今週から第3回中山開催開始!春の中山開催も残り1ヶ月(汗)。

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。日経賞が行われる1週目はAコースを使用、ダービー卿CTが行われる3日目(2週目)から皐月賞が行われる最終週の8日目(4週目)までの6日間は内ラチから3m地点に仮柵を設けるBコースが使用される予定。


~今週から第3回開催開始・・・も、差し・追い込み馬の活躍も期待できる!?~

エアレーションの効果により開幕週から差し・追い込み馬も活躍できる馬場で競馬が開催されていた近年の中山競馬場の芝コース・・・だったハズなのに、差し・追い込み馬の活躍が目立たない。思い返せば昨年の2017年第5回開幕週も前々で流れに乗った馬の活躍が目立っていた。その理由にはエアレーションを施した時期に関係がありそうだが、第1回開催が終わってから第2回開催が始まるまでの期間は約1ヶ月と考えると昨年の第5回開催よりはエアレーションの効果が残っているハズ。そう推測すならば昨年の第5回開催ほど逃げ・先行馬の活躍が目立たないのではないか~という予想が当たらずも遠からずぐらいの感じの馬場で開催されてきた今年の第2回中山競馬。開催も後半に入ると週中に降った雨などの影響などもあって多少の変化があったものの最終日まで極端な傾向変化もなく競馬が開催されていた。

今週から第3回開催が始まる中山競馬

・・・ではあるが、開催開幕週とは言え第2回開催から続く連続開催の後半戦であり、Aコースの使用は第2回開催から数えて5週目。逃げ・先行馬に特別有利という訳では無かったものの極端なスローペースが多かったため逃げ・先行馬の活躍が目立つ結果になる事が多かった前開催の第2回開催だが、先週の開催最終週はスローペースでも差し・追い込み馬の活躍を目にすることができた。そのレースでどの脚質が活躍するか大きなカギを握っているのはペースである事は間違いないが、スプリングSのステルヴィオやフラワーCのトーセンブレスのようにペースが遅くなりそうなレースでも能力のある差し・追い込み馬にはある程度の信頼を置いても良いと思われる。


ちなみにラチ沿いの馬場は芝が荒れて見た目が悪いが、悪いのは見た目だけで内ラチ沿いを走った馬の伸びは悪いわけではない。そんな馬場の中でも伸びが目立つのは馬場の2~3分どころを走った馬。この場所を走ることが勝利への近道になるだろう・・・と思われるのだが、今週は週中の水曜日に多量の雨が降った。先週は週中に降った雨が開催が開始されるまでに乾いてしまったようで雨が馬場の傾向を変えるまでには至らなかったが、今週の雨量ならば影響が残る可能性がある。

2014年の路盤整備により水捌けが良くなった中山競馬場の芝コース。ちょっとやそっとの雨ではヘコたれなくなったが、そんな路盤だからこそ雨の影響が残るようならば活躍する脚質にも変化も現れるハズ。もし土曜日の競馬開始時点で雨の影響が残っているようならば馬場が乾く前は差し・追い込みの活躍が目立ち、馬場が乾いていく毎に逃げ・先行馬の活躍が目立つのではないか~と予想しているのだが、さて。

|

« 2018年第3回中山競馬の特別競走と開催について | Main | 中山競馬場の芝状態(第3回中山3日目前日)について »

「中山競馬場芝コースの状態」カテゴリの記事