« 中山競馬場の芝状態(第3回中山5日目前日)について | Main

中山競馬場の芝状態(第3回中山7日目前日)について

今週で第3回中山開催も最後。最後の最後で荒天の予報とは(汗)。

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は12センチ~16センチ。日経賞が行われる1週目はAコースを使用、ダービー卿CTが行われる3日目(2週目)から皐月賞が行われる最終週の8日目(4週目)までの6日間は内ラチから3m地点に仮柵を設けるBコースが使用される予定。


~雨や芝丈の長さなどによっても傾向が変化。Bコースになって難解な馬場に~

昨年の第5回開催ほど逃げ・先行馬の活躍が目立たない感じの馬場で開催されてきた今年の第2回中山競馬。開催も後半に入ると週中に降った雨などの影響などもあり多少の変化はあったものの最終日まで極端に変わる事もなく競馬は開催。この傾向は第2回から引き続いてAコースを使用した第3回中山開催1週目まで続いていたが、コースがBコースに替わった第3回中山開催の2週目に変化あり。3日目9Rの3歳500万下戦の山吹賞や4日目9Rの4歳上1000万下戦の安房特別、11Rの4歳上1600万下戦の船橋Sのように逃げ・先行馬が活躍するレースもあるにはあったものの、芝のレース全体で見てみると差し・追い込み馬が優勢な結果となった。

Aコース時に特に活躍が目立っていたのが馬場の2~3分どころ。

それを考えるとBコースにコースが替わった事によって内ラチ沿いがウイニングロードになるであろう。ならば、そこを走れる逃げ・先行馬の活躍が目立つのではないかとコースが替わる前は予想していたが、コースが替わっても伸びが目立ったのは馬場の2~3分どころで(Aコースで言うと馬場の3~4分)、そこを走った差し・追い込み馬の活躍が目立つ結果となり予想はハズレ。何故、このような結果となったか理由は分からないが、Aコース時との比較でBコースは洋芝の草丈が上下限とも2センチずつ長い設定となっている事が何らかの要因になっているのかもしれない。そんな差し・追い込み馬の活躍が目立った傾向は開催後半戦を迎えた先週も変わっていなかった・・・と言いたいところだが、5日目と6日目で活躍した脚質が違ったから厄介。

開催前日に降った雨は馬場コンディションを変化させるまでには至らなかったものの影響は残っていたのか、土曜日に行われた5日目は外差しが決まるレース多数。5R3歳未勝利戦のモンテグロッソ、9Rの野島埼特別のアッフィラート、10R湾岸Sのコルコバード、11Rのカツジなど差し・追い込み馬が大活躍したのだが、馬場が乾いたからか日曜日の6日目は一転して逃げ・先行馬が活躍すると言う結果だったから騎乗したジョッキーも馬券を買ったファンも戸惑ったに違いない。とはいえ差し・追い込み馬の活躍が目立った土曜日も2~3着に逃げ・先行馬が粘るケースが多く差し・追い込みで決まったのはメインのニュージーランドTぐらい。逃げ・先行馬の活躍が目立った日曜日も2~3着に差し・追い込み馬が突っ込んでくるケースが多く、逃げ・先行馬同士で決まったのはメインの春雷Sぐらいだから馬場の傾向に極端に偏りがある訳ではないようだ(裏を返せばちょっとした要因でどちらにでも転ぶということ)。


今週で開催最終週を迎える第3回中山競馬。

芝コースは今週も引き続きBコースを使用するため先週と同じような傾向を示すのではないだろうかと予想している。馬場が乾いているであろう土曜日の7日目は先週の6日目のように逃げ・先行馬を差し・追い込み馬が捕えきれないというような競馬が目立つのではないだろうか。問題は最終日となる日曜日の8日目。雨風が強まる荒天の予報だからだ。先週の傾向を踏まえるならば雨が降ったら差し・追い込み馬の活躍が目立つようになりそう・・・なものの、降る量によっては傾向が裏返ることもあるから油断はできない。2014年の路盤整備により水捌けが良くなった中山競馬場の芝コース。ちょっとやそっとの雨ではヘコたれなくなったのは有名だが、そんな路盤だからこそコンディションが変化するような雨が降ったならば活躍する脚質にも変化が現れるハズ。メインの皐月賞で勝負を賭ける場合は時間毎の芝コンディションと事前に行われたレースの傾向把握は必須。レースのカギを握るだけに気は抜けない。

|

« 中山競馬場の芝状態(第3回中山5日目前日)について | Main

「中山競馬場芝コースの状態」カテゴリの記事