« 2022年第1回中山競馬の特別競走と開催について | Main | 2022年第3回中山競馬の特別競走と開催について »

2022年第2回中山競馬の特別競走と開催について

2022年第2回中山競馬の開催日と特別競走は以下のとおりです。


~1日目・2月26日(土)~  
    9R・水仙賞(3歳 1勝クラス 芝2200m)
   10R・富里特別(4歳上 2勝クラス 芝1800m 定量)
   11R・幕張S(4歳上 3勝クラス 芝1600m 定量)

~2日目・2月27日(日)~
    9R・デイジー賞(3歳牝 1勝クラス 芝1800m)
   10R・ブラッドストーンS(4歳上 3勝クラス ダ1200m ハンデ)
   11R・中山記念(4歳上 G2 芝1800m 別定)


~3日目・3月5日(土)~     
    9R・潮来特別(4歳上 2勝クラス 芝2500m ハンデ)
   10R・上総S(4歳上 3勝クラス ダ1800m ハンデ)
   11R・夕刊フジ賞オーシャンS(4歳上 G3 芝1200m 別定)

~4日目・3月6日(日)~ 
    9R・湾岸S(4歳上 3勝クラス 芝2200m 定量)
   10R・総武S(4歳上 オープン ダ1800m 別定)
   11R・報知杯弥生賞DI記念(3歳 G2 芝2000m 皐月賞トライアル)


~5日目・3月12日(土)~ 
    9R・鎌ケ谷特別(4歳上 2勝クラス ダ1800m 定量)
   10R・アクアマリンS(4歳上 3勝クラス 芝1200m ハンデ)
   11R・ローレル競馬場賞中山牝馬S(4歳上牝 G3 芝1800m ハンデ)

~6日目・3月13日(日)~  
    9R・房総特別(4歳上牝 2勝クラス 芝1800m 定量)
   10R・東風S(4歳上 オープン(L) 芝1600m 別定)
   11R・アネモネS(3歳牝 オープン(L) 芝1600m 桜花賞トライアル)


~7日目・3月20日(日)~
    9R・スピカS(4歳上 3勝クラス 芝1800m 定量)
   10R・千葉S(4歳上 オープン ダ1200m ハンデ)
   11R・フジテレビ賞スプリングS(3歳牡・牝 G2 芝1800 皐月賞トライアル)

~8日目・3月21日(月)~  
    9R・隅田川特別(4歳上 2勝クラス 芝1600m 定量)
   10R・韓国馬事会杯(4歳上 3勝クラス ダ1800m 定量)
   11R・フラワーC(3歳牝 G3 芝1800m 別定)


<今開催(2022年度第2回中山競馬)の変更点と注目点>

例年の開催日程と今年の開催日程を見比べて何が変わったのか探す間違い探しの様なこのコーナー。今年の変更点で目に付くのは開催日数こそ昨年と同様に8日間・・・ではあるものの開催最終週は春分の日を利用した変則開催であること、ペガサスジャンプSの施行日が次開催の第3回開催1日目に戻ったことぐらいだろうか。

ここ20年ほど休日を利用した3日間開催をよく行うJRAだが開催競馬場で開催日を分散させる変則の3日間開催もよく行うJRA。この時期の中央競馬は中山・阪神・中京の3場で競馬が開催が予定されているが開催日程が変則。その内容は19日の土曜日は中京競馬と阪神競馬、20日の日曜日は中山競馬(スプリングS)と阪神競馬、21日の月曜日は中山競馬(フラワーC)と中京競馬が行われるというものとなっている。

ちなみにこの変則開催は2017年以来、5年ぶり。中央競馬は主に週末に行われているため土曜日と日曜日に競馬が開催されると思い込んでしまうが、今年は19日の土曜日に中山競馬場へ行っても目の前で競馬は行われていないので注意が必要だ。

それから3歳の新馬戦。3歳の新馬戦といえば春の第2回中山・阪神競馬が最後に行われる開催だったが、「円滑な競馬サイクル形成の促進」を目的として昨年度から終期が2月に行われる東京・京都開催へと繰り上がった。JRAの発表によると3歳競走に関して競走内容の充実を図る観点から編成数やローテーションの見直しを行っているとのこと。3歳戦に関しては今後数年は色々と変更があるかもしれない。


そして・・・中山競馬場への入場に関して。

突如として現われて広まり世界を奈落の底に突き落とした新型のコロナウイルス。2020年以降はこの新型コロナウイルスの影響により生活様式の大きな変革が求められているが、それは競馬も一緒。JRAに関して言えば昨年の春から有観客開催こそ再開されているものの昨年の夏に猛威を振るったデルタ株、そして新たなオミクロン株の出現により競馬場への入場は未だ制限のある環境となっている・・・のだが、JRAはオミクロン株の急速な感染拡大・蔓延真っ最中であった前開催の2022年第1回中山競馬も第1回東京開催も有観客開催を継続。政府自治体が決めた基準を守りながらもコロナに屈せずファイティングポーズをとり続けている姿勢は賞賛に値すると言えるだろう。

今開催の第2回中山開催も新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から入場できるのは「事前にネットで指定席を予約・購入された方、入場券ネット予約発売で事前に電子チケット型入場券を購入された方のみ」ではあるのだが有観客で開催開幕である(酒類の提供の中止や場内における飲酒の禁止など制限こそ強くせざるを得なかったのは止む得ないところ)。有観客開催再開直後に比べると競馬場への入場の仕方にも選択肢が増えたので「競馬場に行ってライブで競馬を観戦したい!」と思ったらまずはJRAのホームページにて「営業最新情報」を確認していただきたいと思う。

|

« 2022年第1回中山競馬の特別競走と開催について | Main | 2022年第3回中山競馬の特別競走と開催について »

中山競馬場開催予定」カテゴリの記事