« February 2023 | Main | September 2023 »

2023年第3回中山競馬の特別競走と開催について

2023年第3回中山競馬の開催日と特別競走は以下のとおりです。


~1日目・3月25日(土)~ 
    9R・春風S(4歳上 3勝クラス ダ1200m 定量)
   10R・伏竜S(3歳 オープン ダ1800m 別定)
   11R・日経賞(4歳上 G2 芝2500m 別定)

~2日目・3月26日(日)~
    9R・ミモザ賞(3歳牝 1勝クラス 芝2000m)
   10R・春興S(4歳上 3勝クラス 芝1600m ハンデ)
   11R・マーチS(4歳上 G3 ダ1800m ハンデ)


~3日目・4月1日(土)~     
    9R・千葉日報杯(4歳上 2勝クラス ダ1800m 定量)
   10R・安房特別(4歳上 2勝クラス 芝2500m 定量)
   11R・ダービー卿CT(4歳上 G3 芝1600m ハンデ)

~4日目・4月2日(日)~ 
    9R・山吹賞(3歳 1勝クラス 芝2200m)
   10R・両国特別(4歳上 2勝クラス 芝1600m 定量)
   11R・美浦S(4歳上 3勝クラス 芝2000m 定量)


~5日目・4月8日(土)~ 
    9R・葛飾特別(4歳上 2勝クラス ダ1200m 定量)
   10R・船橋S(4歳上 3勝クラス 芝1200m 定量)
   11R・ニュージーランドT(3歳牡・牝 G2 芝1600m)

~6日目・4月9日(日)~  
    9R・印西特別(4歳上 2勝クラス ダ2400m ハンデ)
   10R・鹿野山特別(4歳上 2勝クラス 芝2000m 定量)
   11R・京葉S(4歳上 オープン(L) ダ1200m 別定)


~7日目・4月15日(土)~  
    9R・山藤賞(3歳 1勝クラス 芝2000m)
   10R・下総S(4歳上 3勝クラス ダ1800m 定量)
   11R・中山グランドJ(4歳上 障害G1 芝4250m 定量)
   12R・袖ケ浦特別(4歳上 2勝クラス ダ1200m 定量)

~8日目・4月16日(日)~
    8R・野島崎特別(4歳上牝 2勝クラス 芝2000m 定量)
    9R・利根川特別(4歳上牝 2勝クラス ダ1800m 定量)
   10R・春雷S(4歳上 オープン(L) 芝1200m ハンデ)
   11R・皐月賞(3歳牡・牝 G1 芝2000m 定量)
   12R・サンシャインS(4歳上 3勝クラス 芝2500m ハンデ)


<今開催(2023年度第3回中山競馬)の変更点と注目点>

昨年の開催日程と今年の開催日程を見比べて何が変わったのか探す間違い探しの様なこのコーナー。今回の開催における変更点でまず目に付くのはペガサスジャンプSだろう。昨年は第3回開催の1日目に行われたものの今年は第2回7日目に施行日を移して既に行われてしまったペガサスジャンプS。ペガサスジャンプSと言えば第3回開催7日目に行われる中山グランドJにむけた大切な前哨戦の1つなのだが、ここ数年、施行日が異動したり元に戻ったりと忙しい。「もしかして第2回中山の開催日数に関係があるのかな?」と思って調べてみたものの・・・そうでもないようだから謎である(汗)。一体、どういう理由で頻繁に施行日が移動するのか理由は何かあるのだろうか。

このペガサスジャンプSのほか、昨年まで第3回6日目のメインに行われていた春雷Sが8日の10レースへ移動。この春雷Sと交換のような形で8日の10レースに行われていた京葉Sが6日目のメインへ移動するなどなど特別レースレベルで見るとソコソコの変更があるから注意が必要だ。例年、桜花賞の裏で行われていた春雷S。高松宮記念の直後に行われるオープンのスプリント戦ではあるが皐月賞当日に施行日が移動すれば有力ジョッキーを目当てに有力馬が参戦する可能性も上がるかもしれない。


次にリステッドレースについて。

2019年から行われているリステッドレース(競走)。詳しくはJRAのホームページ等で調べていただければ~と思うのだが、ようは「重賞競走に次ぐ重要な競走を明確にしたもの」でリステッドの格付けが与えられたレースは普通のオープンレースよりも賞金額が多く設定されるなどの違いがある。レース名の後ろに(L)が付くので分かりやすいだろう。リステッドレースの格付けは他の重賞レースと同じく「日本グレード格付け管理委員会」によって審査や認証が行われる正式なものであり、格付けが付与されるかどうかについては過去のレースレーティングが一つの指標となっているようだ。今年の第2回中山開催で行われるリステッド競走は昨年と同様、6日目10レースに行われる京葉Sと8日目の10レースに行われる春雷S2レースとなっている。


そして最後に・・・第3回中山開催中の競馬場への入場に関して。

あれほどの人がワクチン接種を受けて常時マスクを付けていたにもかかわらず多くの陽性者を出してきたオミクロン株も今は減少の一途。陽性者数は前週の同じ曜日よりも減る事が多くなりマスク脱着も個人の判断に委ねられるようになるなどなど徐々にコロナ禍前の日常を取り戻しつつある現状ではある。・・・とはいえ、油断は禁物。目に見えない相手だけにいつ再び陽性者増に転じるか分からないところが不気味ではあるが社会経済活動を考えるとそんな事も言っていられない。そのような情勢の中、今年2023年の第3回中山開催も開催全日において有観客での開催が予定されている。

しかも今年の第3回開催は「指定席ネット予約発売」や「入場券ネット発売」の他、昨年の第3回開催では無かった「当日現金発売入場券」が発売される。当日現金発売入場券に関しては開催最終日である皐月賞当日は発売が行われないなど注意が必要な点はあるのだが(このほか回数券も利用ができない)、昨年よりも競馬場へ遊びに行きやすい環境となっているの競馬ファンとして単純にありがたいところだだろう。

ちなみにこれら3つの入場方法には入場できる門や入場できる時間に違いがある。

特に当日現金発売入場券においては発売される入場門によって発売される時間や入場開始時間に違いがあるので注意が必要。発売される時間や入場できる時間に関しての詳細については中山競馬場へ行く前にJRAのHPにてジックリと確認していただきたいと思う。第3回開催と言えば開催最終週には中山競馬場でも国内最後方の障害レース・中山グランドジャンプや牡馬クラシック第1弾である皐月賞が行われる~などなど春に行われる中山競馬の集大成のような開催だ。昨年よりも選択肢が増えて入場しやすくなった場内では昨年以上に多くのファンで盛り上がりそうである。

|

« February 2023 | Main | September 2023 »