中山競馬場の芝状態(第3回中山7日目前日)について

今週で第3回中山開催も最後。最後の最後で荒天の予報とは(汗)。

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は12センチ~16センチ。日経賞が行われる1週目はAコースを使用、ダービー卿CTが行われる3日目(2週目)から皐月賞が行われる最終週の8日目(4週目)までの6日間は内ラチから3m地点に仮柵を設けるBコースが使用される予定。


~雨や芝丈の長さなどによっても傾向が変化。Bコースになって難解な馬場に~

昨年の第5回開催ほど逃げ・先行馬の活躍が目立たない感じの馬場で開催されてきた今年の第2回中山競馬。開催も後半に入ると週中に降った雨などの影響などもあり多少の変化はあったものの最終日まで極端に変わる事もなく競馬は開催。この傾向は第2回から引き続いてAコースを使用した第3回中山開催1週目まで続いていたが、コースがBコースに替わった第3回中山開催の2週目に変化あり。3日目9Rの3歳500万下戦の山吹賞や4日目9Rの4歳上1000万下戦の安房特別、11Rの4歳上1600万下戦の船橋Sのように逃げ・先行馬が活躍するレースもあるにはあったものの、芝のレース全体で見てみると差し・追い込み馬が優勢な結果となった。

Aコース時に特に活躍が目立っていたのが馬場の2~3分どころ。

それを考えるとBコースにコースが替わった事によって内ラチ沿いがウイニングロードになるであろう。ならば、そこを走れる逃げ・先行馬の活躍が目立つのではないかとコースが替わる前は予想していたが、コースが替わっても伸びが目立ったのは馬場の2~3分どころで(Aコースで言うと馬場の3~4分)、そこを走った差し・追い込み馬の活躍が目立つ結果となり予想はハズレ。何故、このような結果となったか理由は分からないが、Aコース時との比較でBコースは洋芝の草丈が上下限とも2センチずつ長い設定となっている事が何らかの要因になっているのかもしれない。そんな差し・追い込み馬の活躍が目立った傾向は開催後半戦を迎えた先週も変わっていなかった・・・と言いたいところだが、5日目と6日目で活躍した脚質が違ったから厄介。

開催前日に降った雨は馬場コンディションを変化させるまでには至らなかったものの影響は残っていたのか、土曜日に行われた5日目は外差しが決まるレース多数。5R3歳未勝利戦のモンテグロッソ、9Rの野島埼特別のアッフィラート、10R湾岸Sのコルコバード、11Rのカツジなど差し・追い込み馬が大活躍したのだが、馬場が乾いたからか日曜日の6日目は一転して逃げ・先行馬が活躍すると言う結果だったから騎乗したジョッキーも馬券を買ったファンも戸惑ったに違いない。とはいえ差し・追い込み馬の活躍が目立った土曜日も2~3着に逃げ・先行馬が粘るケースが多く差し・追い込みで決まったのはメインのニュージーランドTぐらい。逃げ・先行馬の活躍が目立った日曜日も2~3着に差し・追い込み馬が突っ込んでくるケースが多く、逃げ・先行馬同士で決まったのはメインの春雷Sぐらいだから馬場の傾向に極端に偏りがある訳ではないようだ(裏を返せばちょっとした要因でどちらにでも転ぶということ)。


今週で開催最終週を迎える第3回中山競馬。

芝コースは今週も引き続きBコースを使用するため先週と同じような傾向を示すのではないだろうかと予想している。馬場が乾いているであろう土曜日の7日目は先週の6日目のように逃げ・先行馬を差し・追い込み馬が捕えきれないというような競馬が目立つのではないだろうか。問題は最終日となる日曜日の8日目。雨風が強まる荒天の予報だからだ。先週の傾向を踏まえるならば雨が降ったら差し・追い込み馬の活躍が目立つようになりそう・・・なものの、降る量によっては傾向が裏返ることもあるから油断はできない。2014年の路盤整備により水捌けが良くなった中山競馬場の芝コース。ちょっとやそっとの雨ではヘコたれなくなったのは有名だが、そんな路盤だからこそコンディションが変化するような雨が降ったならば活躍する脚質にも変化が現れるハズ。メインの皐月賞で勝負を賭ける場合は時間毎の芝コンディションと事前に行われたレースの傾向把握は必須。レースのカギを握るだけに気は抜けない。

|

中山競馬場の芝状態(第3回中山5日目前日)について

今週で第3回中山開催も後半戦。時の流れは早いですね(汗)

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は12センチ~16センチ。日経賞が行われる1週目はAコースを使用、ダービー卿CTが行われる3日目(2週目)から皐月賞が行われる最終週の8日目(4週目)までの6日間は内ラチから3m地点に仮柵を設けるBコースが使用される予定。


~Bコースに変更後、逃げ・先行押し切りよりも差し追い込みが多数!?~

エアレーションの効果により開幕週から差し・追い込み馬も活躍できる馬場で競馬が開催されていた近年の中山競馬場の芝コース・・・だったハズなのに、差し・追い込み馬の活躍が目立たない。思い返せば昨年の2017年第5回開幕週も前々で流れに乗った馬の活躍が目立っていた。その理由にはエアレーションを施した時期に関係がありそうだが、第1回開催が終わってから第2回開催が始まるまでの期間は約1ヶ月と考えると昨年の第5回開催よりはエアレーションの効果が残っているハズ。そう推測すならば昨年の第5回開催ほど逃げ・先行馬の活躍が目立たないのではないか~という予想が当たらずも遠からずぐらいの感じの馬場で開催されてきた今年の第2回中山競馬。開催も後半に入ると週中に降った雨などの影響などもあり多少の変化はあったものの最終日まで極端な傾向変化もなく競馬は開催。この傾向は第2回から引き続いてAコースを使用した第3回中山開催1週目まで続いていた。

そんな中山競馬場の芝コースも先週の2週目からBコースを使用。

コース移動によって開催が進んで荒れた内ラチ沿いの芝は仮柵によってカバーされる事となるため逃げ先行馬の活躍が・・・と思われるが、そもそもAコースの時でも内ラチ沿いの芝が悪かったのは見た目だけ。内ラチ沿いを走った馬の伸びが悪かった訳ではなかった。そんな馬場の中でも特に活躍が目立っていたのが馬場の2~3分どころだったことを考えるとBコースに替わる事によって内ラチ沿いから馬3頭分ぐらいが1番伸びの良い場所になるハズ。あくまで活躍する脚質はペースがカギを握っていると思われるが前開催のようにスローのレースが多ければコース替わりも手伝って逃げ・先行馬の活躍が更に目立つようになるのではないか~と書いてアップしたのが先週のエントリーだったのだが・・・結果がどうだったかというと、ハ、ハズレ(汗)。

3日目9Rの3歳500万下戦の山吹賞や4日目9Rの4歳上1000万下戦の安房特別、11Rの4歳上1600万下戦の船橋Sのように逃げ・先行馬が活躍するレースもあるにはあった・・・ものの、芝のレース全体で見ると差し・追い込み馬が優勢。Bコースにコースが替わった事によって内ラチ沿いがウイニングロードになるであろうからそこを走れる逃げ・先行馬の活躍が目立つのではないかと予想していたが、コースが替わっても伸びが目立ったのは馬場の2~3分どころで(Aコースで言うと馬場の3~4分どころ)、そこを走った差し・追い込み馬の活躍が目立つ結果となった。何故、このような結果となったか理由は分からないが、先週から洋芝の草丈が上下限とも2センチずつ長い設定となっている事が何らかの要因になっているのかもしれない。


今週で開催後半戦となる第3回中山競馬。

芝コースは今週も引き続きBコースを使用するため先週の傾向を踏まえて予想すると先週と同じく馬場の2~3分どころを走った差し・追い込み馬の活躍が目に出来るのではないか~とは思うものの、そう簡単に傾向を予想させてくれなさそうなのが金曜日の夜から土曜日の明け方にかけて降ると言われる雨。2014年の路盤整備により水捌けが良くなった中山競馬場の芝コース。ちょっとやそっとの雨ではヘコたれなくなったのは有名だが、そんな路盤だからこそ雨の影響が残るようならば活躍する脚質にも変化も現れるハズ。馬場コンディションを悪化させるほどの量が降れば先週の芝コースとは違った傾向を示す可能性があることは頭に入れておきたい。

|

中山競馬場の芝状態(第3回中山3日目前日)について

今週で第3回中山開催は2週目!中山の桜は今週が見頃!

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は12センチ~16センチ。日経賞が行われる1週目はAコースを使用、ダービー卿CTが行われる3日目(2週目)から皐月賞が行われる最終週の8日目(4週目)までの6日間は内ラチから3m地点に仮柵を設けるBコースが使用される予定。


~今週からBコースを使用。コース移動で最内がウイニングロードに!?~

エアレーションの効果により開幕週から差し・追い込み馬も活躍できる馬場で競馬が開催されていた近年の中山競馬場の芝コース・・・だったハズなのに、差し・追い込み馬の活躍が目立たない。思い返せば昨年の2017年第5回開幕週も前々で流れに乗った馬の活躍が目立っていた。その理由にはエアレーションを施した時期に関係がありそうだが、第1回開催が終わってから第2回開催が始まるまでの期間は約1ヶ月と考えると昨年の第5回開催よりはエアレーションの効果が残っているハズ。そう推測すならば昨年の第5回開催ほど逃げ・先行馬の活躍が目立たないのではないか~という予想が当たらずも遠からずぐらいの感じの馬場で開催されてきた今年の第2回中山競馬。開催も後半に入ると週中に降った雨などの影響などもあって多少の変化はあったものの最終日まで極端な傾向変化もなく競馬が開催されていた。

先週から第3回開催が始まった中山競馬。開催開幕週とは言え第2回開催から続く連続開催の後半戦でありAコースの使用は第2回開催から数えて5週目。逃げ・先行馬に特別有利という訳では無かったものの極端なスローペースが多かったため逃げ・先行馬の活躍が目立つ結果になる事が多かった前開催の第2回開催だが、開催最終週はスローペースでも差し・追い込み馬の活躍を目にすることができた事を考えるとペースが遅くなりそうなレースでも能力のある差し・追い込み馬にはある程度の信頼を置いても良いのではないか~と書いてアップしたのが先週の第3回開催1日目前日にアップしたエントリーだったのだが、どうだったかというと・・・

当たらずも遠からず。

レースの結果を見てみると勝つまでは至らなかったものの2~3着は差し・追い込み馬が突っ込んでくるレース多数で逃げ・先行馬に負けず劣らず存在感を示していた・・・が、勝った馬は逃げ・先行馬が殆どだった~と言うことでこの評価となった。


今週からBコースを使用する中山競馬場の芝コース。

このコース移動によって開催が進んで荒れた内ラチ沿いの芝は仮柵によってカバーされる事となる。このため逃げ先行馬の活躍が・・・と思われるが、そもそもAコースの時でも内ラチ沿いの芝が悪かったのは見た目だけ。内ラチ沿いを走った馬の伸びが悪かった訳ではなく、そこを通った馬も多数活躍していた。そんな馬場の中でも特に活躍が目立っていたのが馬場の2~3分どころを走った馬だったのだが、中山競馬場の芝コースの幅員が32mであることを考えると1分は3m。つまりBコースに替わる事によって内ラチ沿いから馬3頭分ぐらいが1番伸びの良い場所になるハズ。

あくまで活躍する脚質はペースがカギを握っていると思われるが、スローペースが多かった前開催。今週から洋芝の草丈が上下限とも2センチずつ長くなっている不確定要素はあるが、前開催のようにスローのレースが多ければコース替わりも手伝って逃げ・先行馬の活躍が更に目立つようになるのではないか~と予想している。

|

中山競馬場の芝状態(第3回中山1日目前日)について

今週から第3回中山開催開始!春の中山開催も残り1ヶ月(汗)。

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。日経賞が行われる1週目はAコースを使用、ダービー卿CTが行われる3日目(2週目)から皐月賞が行われる最終週の8日目(4週目)までの6日間は内ラチから3m地点に仮柵を設けるBコースが使用される予定。


~今週から第3回開催開始・・・も、差し・追い込み馬の活躍も期待できる!?~

エアレーションの効果により開幕週から差し・追い込み馬も活躍できる馬場で競馬が開催されていた近年の中山競馬場の芝コース・・・だったハズなのに、差し・追い込み馬の活躍が目立たない。思い返せば昨年の2017年第5回開幕週も前々で流れに乗った馬の活躍が目立っていた。その理由にはエアレーションを施した時期に関係がありそうだが、第1回開催が終わってから第2回開催が始まるまでの期間は約1ヶ月と考えると昨年の第5回開催よりはエアレーションの効果が残っているハズ。そう推測すならば昨年の第5回開催ほど逃げ・先行馬の活躍が目立たないのではないか~という予想が当たらずも遠からずぐらいの感じの馬場で開催されてきた今年の第2回中山競馬。開催も後半に入ると週中に降った雨などの影響などもあって多少の変化があったものの最終日まで極端な傾向変化もなく競馬が開催されていた。

今週から第3回開催が始まる中山競馬

・・・ではあるが、開催開幕週とは言え第2回開催から続く連続開催の後半戦であり、Aコースの使用は第2回開催から数えて5週目。逃げ・先行馬に特別有利という訳では無かったものの極端なスローペースが多かったため逃げ・先行馬の活躍が目立つ結果になる事が多かった前開催の第2回開催だが、先週の開催最終週はスローペースでも差し・追い込み馬の活躍を目にすることができた。そのレースでどの脚質が活躍するか大きなカギを握っているのはペースである事は間違いないが、スプリングSのステルヴィオやフラワーCのトーセンブレスのようにペースが遅くなりそうなレースでも能力のある差し・追い込み馬にはある程度の信頼を置いても良いと思われる。


ちなみにラチ沿いの馬場は芝が荒れて見た目が悪いが、悪いのは見た目だけで内ラチ沿いを走った馬の伸びは悪いわけではない。そんな馬場の中でも伸びが目立つのは馬場の2~3分どころを走った馬。この場所を走ることが勝利への近道になるだろう・・・と思われるのだが、今週は週中の水曜日に多量の雨が降った。先週は週中に降った雨が開催が開始されるまでに乾いてしまったようで雨が馬場の傾向を変えるまでには至らなかったが、今週の雨量ならば影響が残る可能性がある。

2014年の路盤整備により水捌けが良くなった中山競馬場の芝コース。ちょっとやそっとの雨ではヘコたれなくなったが、そんな路盤だからこそ雨の影響が残るようならば活躍する脚質にも変化も現れるハズ。もし土曜日の競馬開始時点で雨の影響が残っているようならば馬場が乾く前は差し・追い込みの活躍が目立ち、馬場が乾いていく毎に逃げ・先行馬の活躍が目立つのではないか~と予想しているのだが、さて。

|

中山競馬場の芝状態(第2回中山7日目前日)について

第2回中山開催最終週・・・。本当にあっという間ですね(汗)。

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。中山記念が行われる1週目からスプリングSが行われる最終週までの全8日間、仮柵を設けないAコースを使用する。


~雨の影響で馬場の傾向が変化した3週目。最終週の4週目は・・・~

エアレーションの効果により開幕週から差し・追い込み馬も活躍できる馬場で競馬が開催されていた近年の中山競馬場の芝コース・・・だったハズなのに、差し・追い込み馬の活躍が目立たない。思い返せば昨年の2017年第5回開幕週も前々で流れに乗った馬の活躍が目立っていた。理由はエアレーションを施した時期に関係がありそうだが、第4回開催が終わってから第5回開催が始まるまでの期間は約2ヶ月。それに比べて第1回開催が終わってから第2回開催が始まるまでの期間は約1ヶ月であることを考えると、今開催は昨年の第5回開催よりはエアレーションによる馬場軟化の効果が残っているであろう。そう推測すならば今開催は昨年の第5回開催開幕週ほど逃げ・先行馬の活躍が目立つという事はないのではないか~という予想が当たらずも遠からずぐらいの感じの馬場で開催が開幕した今年の第2回中山競馬。

そんな傾向で始まった2018年の第2回中山競馬もまだまだ寒さの残る早春の開催ということもあり芝のレース数自体は制限されている。このため開催後半戦に入った3週目も2週目の馬場と傾向に関しては変化が少ないであろう・・・と考えていたのだが、頭を悩ますのは木曜日の夜から土曜日の明け方にかけて降った雨。2014年に路盤を整備して水捌けが良くなった中山競馬場の芝コース。ちょっとやそっとの雨ではヘコたれなくなったのは確かだが、そんな路盤だからこそ雨の影響が残るようならば活躍する脚質にも変化も現れるハズ。雨の影響が残るであろう5日目の土曜日は1・2週目と違った傾向を示す可能性があるので注意が必要だ~というのが先週の競馬開催前日にアップしたエントリーだったのだがどうだったかというと・・・

やっぱり当たらずも遠からずという結果に。

雨の影響が多分に残っていた5日目の土曜日は7Rの3歳500万下戦や9Rの房総特別のように外から伸びてきた馬による差し・追い込みが決まるレースあり。逃げ・先行馬優勢だった開催前半と比べて差し・追い込み馬に優勢なような傾向を示していたが、コースの内側から乾いていくのが競馬場の芝コース。日が差してコースが乾き始めると一転して逃げ・先行馬の活躍が目立つ形に。この傾向は翌日に行われた6日目の日曜日も続き、逃げ・先行馬が活躍。スローで流れるレースが多かったため逃げ・先行馬が活躍するのは必然的なところもあるにはあるが、差し・追い込み馬は最後の直線で脚を伸ばしても勝つまでには至らないレースが多かった。


今週で最終週を迎える第2回中山開催。

勝負所と呼ばれる3・4コーナーの芝は低温の影響で開催開始前から育ちが悪いと言われていたが、開催が進んで更に悪化。特に4コーナーは芝が剥げてしまっているようにも思えるほど印象が悪いが、悪いのは見た目だけで思ったほど内ラチ沿いを走った馬の伸びが悪いわけではない。このため最終週の今週も開催前半と似たような「逃げ・先行馬に特別有利では無いもののスローペースのレースが多いおかげで逃げ・先行馬の活躍が目立つ」といったような馬場の傾向で競馬が行われるのではないか~と考えていたのだが・・・、今週も金曜日の朝から夜にかけて雨が降った。

中山競馬場の芝コースが2104年に行われた路盤の工事によって水捌けが良くなったのは前途したが、もし今週も土曜日の競馬開始時点で雨の影響が残っているようならば先週と似たような傾向(馬場が乾く前は差し・追い込みの活躍が目立ち、馬場が乾いていく毎に逃げ・先行馬が活躍が目立つようになる)を示す可能性はある。

|

中山競馬場の芝状態(第2回中山5日目前日)について

第2回中山開催後半戦。今週の中山はゆったりまったり競馬?

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。中山記念が行われる1週目からスプリングSが行われる最終週までの全8日間、仮柵を設けないAコースを使用する。


~2週目も1週目の傾向とほぼ変わりなし。開催後半戦となる今週の馬場は・・・~

エアレーションの効果により開幕週から差し・追い込み馬も活躍できる馬場で競馬が開催されていた近年の中山競馬場の芝コース・・・だったハズなのに、差し・追い込み馬の活躍が目立たない。思い返せば昨年の2017年第5回開幕週も前々で流れに乗った馬の活躍が目立っていた。その理由を特定するのは難しいのだが「開幕週から差し・追い込み馬が活躍できる・出来ない」のカギを握っているのは馬場を軟化させるエアレーションを施した時期に関係があるのではないか。そう仮説を立てるとするならば今開催もエアレーションを施した時期が重要になってくるハズ。JRAの発表ではエアレーションを施した時期は明確には示されないが言葉のニュアンスで読み取る事は可能ではある。と言うことでJRAの発表を見てみると・・・、エアレーションを行った時期は「第1回開催終了後に~」という言い回しとなっている。

第1回開催が終わってから第2回開催が始まるまでの期間は約1ヶ月。第4回開催が終わってから第5回開催が始まるまでの期間は約2ヶ月であることを考えると、今開催は昨年の第5回開催よりはエアレーションによる馬場軟化の効果が残っているであろう。そう推測すならば昨年の第5回開催開幕週ほど逃げ・先行馬の活躍が目立つという事はないのではないか~と予想したのが今開催開始前にアップしたエントリーだったのだが予想は概ね的中。1600mを超えるような距離のレースのほとんどが前半1000mの通過が1分2秒を超えるような超スローペースのレースが多かったため差し・追い込み馬よりも逃げ・先行馬が活躍していたようなイメージが残ったかもしれないが、勝った馬、そして馬券に絡んだ馬たちの道中の位置取りを改めて振り返ってみると決して逃げ・先行馬に有利な馬場だった訳ではなかった。

そんな1週目を受けた2週目の先週はどうだったこというと、1週目と似た傾向。

やはりスローペースになるレースが多かったため勝ちきるまでは難しかったものの3日目5Rに行われた3歳未勝利戦で3着になったグローリーシーカーや11Rに行われたオーシャンSで3着になったダイメイフジ、4日目9Rに行われたスピカSで2着になったレッドローゼスなどハイペースではなくても差し馬が2~3着以内になるレースあり。差し・追い込み馬はペースに関しては受け身に回らざるを得なくなってしまう部分があるのだが、今開催の中山競馬場の芝コースはペースが速くなりさえすればもっと差し・追い込み馬の活躍が見られるのではないかという印象を受ける。


今週で開催後半戦の3週目を迎える第2回中山競馬。

暖かい日も多くなったがまだまだ寒さの残る早春の開催ということもあり芝のレース数は制限されている。このため3週目を迎える今週も先週の2週目の馬場と傾向に関しては変化が少ないであろうとの予想していたのだが、問題は木曜日の夜から金曜日の夕方にかけて降った雨。2014年に路盤を整備して水捌けが良くなった中山競馬場の芝コース。ちょっとやそっとの雨ではヘコたれなくなったのは確かだが、そんな路盤だからこそ雨の影響が残るようならば活躍する脚質にも変化も現れるハズ。

JRAの発表によると金曜日の正午時点で芝は重の発表。雨の影響が残るであろう5日目の土曜日は1・2週目と違った傾向を示す可能性があるので注意が必要だ。

|

中山競馬場の芝状態(第2回中山3日目前日)について

第2回中山開催2週目。弥生賞は盛り上がりそうですね!

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。中山記念が行われる1週目からスプリングSが行われる最終週までの全8日間、仮柵を設けないAコースを使用する。


~今年の第2回開催は開幕週から差し・追い込み馬も活躍できる馬場?~

今開催の2018年第2回中山開催は内ラチに仮柵を設けないAコースを使用するがAコースを使用するのは2017年第5回開催以来、約2か月ぶり。このため一昔前までの第2回開催の開幕週は他の開催の開幕週と同じくラチ沿いを走る事のできる逃げ・先行馬が幅を利かせていたのだがエクイターフの導入やエアレーションの効果などにより以前ほど極端な傾向を示さなくなっているというのが近年の中山競馬場の芝コース。しかし昨年の第2回開催は逃げ・先行馬を後ろで競馬をしている馬たちが差し切れないレースが多かった。思い返せば昨年の2017年第5回開幕週も前々で流れに乗った馬の活躍が目立っていた。殆どのレースがスローペースだったという理由はあるにせよ感覚としてはエアレーションなど馬場軟化作業を取り入れる前の開幕週に戻ったような感じを受けるほど逃げ・先行馬の活躍していた印象が残った。

エアレーションの効果により開幕週から差し・追い込み馬も活躍できる馬場で競馬が開催されていた近年の中山競馬場の芝コース・・・だったハズなのに、差し・追い込み馬の活躍が目立たない。その理由を特定するのは難しいのだが「開幕週から差し・追い込み馬が活躍できる・出来ない」のカギを握っているのは馬場を軟化させるエアレーションを施した時期に関係があるのではないか。そう仮説を立てると今開催もエアレーションを施した時期が重要になってくるハズ。JRAの発表ではエアレーションを施した時期は明確には示されないが言葉のニュアンスで読み取る事は可能。

ということでJRAの発表を見てみると・・・

エアレーションを行った時期は「第1回開催終了後に~」という言い回しとなっている。第1回開催から第2回開催までは約1ヶ月。第4回開催から第5回開催までの間は約2ヶ月であることを考えると、今開催は昨年の第5回開催よりはエアレーションの効果が残っているであろう。エアレーションの効果が残っているであろうと推測すならば昨年の第5回開催開幕週ほど逃げ・先行馬の活躍が目立つという事はないのではないかと予想できるのだが~というのが先週の開催前日にアップしたエントリーだったのだが、どうだったかというと・・・当たらずも遠からずと言ったところ。

開催1日目と2日目で行われた芝のレースは全部で10レース。そのうち1600mを超えるような距離のレースのほとんどが前半1000mの通過が1分2秒を超えるような超スローペースのレースが多かったが、それでも差し・追い込み馬が馬券に絡む事が多かった(前半1000mの通過が59秒2というハイペースだった中山記念は逃げたマルターズアポジーだけがハイペース。鈴を付けに行ったアエロリットは平均ペースだっただろうが、離れた3番手以降の馬たちはかなりのスローペースだった)。スローペースが多かったので結果として直線一気というようなレースは少なく4コーナーである程度の位置につけていなくてはならなかった。このため差し・追い込み馬よりも逃げ・先行馬が活躍していたようなイメージが残ったかもしれないが、勝った馬、そして馬券に絡んだ馬たちの道中の位置取りを改めて振り返ってみると決して逃げ・先行馬に有利な馬場だった訳ではないであろう事が分かる。


今週で2週目を迎える第2回中山開催。

暖かい日も多くなったがまだまだ寒さの残る早春の開催ということもあり芝のレース数は制限されている。先週に比べてガラリと馬場の傾向が変わるような事はないだろう。どの脚質が活躍するかは大きなカギを握っているのはペースである事は間違いないが、開幕2週目だからといってただ闇雲に逃げ・先行馬の評価するのは危険を伴う。ちなみに最後の直線で伸びが目立ったのは馬場の2分どころを走った馬。ペースとの兼ね合いもあるが道中は中団以降で競馬をする差し・追い込み馬は最後の直線に向くまでにある程度の位置取りにポジションアップをしておくのが理想だ。

|

中山競馬場の芝状態(第2回中山1日目前日)について

気がつけば第1回東京開催終了・・・。そして第2回中山開催開始。

今開催の中山競馬場の芝コースは前開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6センチ~8センチ、洋芝は10センチ~14センチ。中山記念が行われる1週目からスプリングSが行われる最終週までの全8日間、仮柵を設けないAコースを使用する。


~一昨年は差し・追い込み馬が善戦も昨年はそれほどでもなかった開幕週~

今開催となる2018年第2回中山開催は昨年の12月に行われた2017年第5回開催以来、2か月ぶりに内ラチに仮柵を設けないAコースを使用する。12月~2月といえば寒さの影響で芝が育たない時期ではあるものの1月に行われた前開催の第1回中山開催は全日、内ラチから6メートル地点に仮柵を設けるCコースを使用した。つまり仮柵が設けられた部分は2か月間は全く使われていないため極端な悪化を免れて一定の状態を保持している事になる。このため一昔前までの第2回開催の開幕週は他の開催の開幕週と同じくラチ沿いを走る事のできる逃げ・先行馬が幅を利かせていたのだが・・・、エクイターフの導入やエアレーションの効果などにより以前ほど極端な傾向を示さなくなっている~というのが近年の中山競馬場の芝コースである。

一昨年の2016年第2回開催開幕週を振り返ってみても差し・追い込み馬が善戦していた印象。このため昨年の第2回開催も開幕週から差し・追い込み馬が善戦するのではないか~と予想していたのだが、蓋を開けてみると先に抜け出した逃げ・先行馬を後ろで競馬をしている馬たちが差し切れないレースが多かった。1日目6Rに行われた3歳新馬戦や7Rの3歳500万下戦、9Rの水仙賞、2日目9Rの冨里特別などなど極端にスローとなるレースが多かったという事もあるのだが、今年(2017年)も開幕週から差し・追い込みが決まるのではないかと予想していただけに肩透かしを食らう格好に。思い返せば昨年の2017年第5回開幕週も前々で流れに乗った馬の活躍が目立っていた。芝で行われた殆どのレースがスローペースだったという理由はあるにはあるのだが、感覚としてはエアレーションなど馬場軟化作業を取り入れる前の開幕週に戻ったような感じを受けるほど逃げ・先行馬の活躍していた印象。

エクイターフの導入やエアレーションの効果により開幕週から差し・追い込み馬も活躍できる馬場で競馬が開催されている近年の中山競馬場の芝コース・・・になったハズなのに、差し・追い込み馬の活躍が目立たない。その理由を特定するのは難しいのだが「開幕週から差し・追い込み馬が活躍できる・出来ない」のカギを握っているのはもしかしたら馬場を軟化させるエアレーションを施した時期に関係があるのではないか。これはあくまでも推測になるがJRAの発表を見ると昨年の第5回開催はエアレーションを施してから開催開始まで一定の時間が経っていた読み取れる文章だった。エアレーションを施してから時間が経ったことで馬場軟化の効果が弱くなり結果として差し・追い込み馬の活躍しにくい馬場となったのではないだろうか。


そう仮説を立てると今開催もエアレーションを施した時期が重要になってくるハズ。

JRAの発表ではエアレーションを施した時期は明確には示されないが「前開催終了後に~」や「開催前に~」という言葉のニュアンスで読み取る事は可能。ということでJRAの発表を見てみるとエアレーションは「第1回開催終了後に~」という言い回しとなっている。昨年の第5回開催時は「第4回開催終了後に~」という言い回しであった。第1回開催から第2回開催までは約1ヶ月。第4回開催から第5回開催までの間は約2ヶ月であることを考えると、今開催は昨年の第5回開催よりはエアレーションの効果が残っているであろう。もちろんペースの速い・遅いが活躍する脚質についてカギを握っているのは間違いないが、エアレーションの効果が残っているであろうと推測すならば昨年の第5回開催開幕週ほど逃げ・先行馬が大活躍という事は無いのではないか~と予想できるのだが・・・傾向を読みを難しくさせるのは芝の状態。

この時期は暖かい日が多い冬だったり寒い日が多い冬だったり、雪が物凄く降った冬だったり雪があまり降らない冬だったりと気温や環境に差が激しいため年によって芝の育ち方はマチマチ。その芝の育ち方によって活躍する脚質の傾向にも年によって幅がある。ようは「蓋を開けてみなければ活躍する脚質は分からない」ということなのだが、今年の冬は寒い日が多く雪も降った。JRAの発表でも「低温の影響で洋芝の生育が鈍い」とのことなので、こちらの予想だにしない傾向を示す可能性はある。

|

中山競馬場の芝状態(第1回中山6日目前日)について

気がつけば今週で2018年の第1回中山開催も最終週(汗)。

今開催の中山競馬場芝コースは前開催の2017年第5回開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6cm~8cm、洋芝は10cm~14cm(洋芝も野芝も下限・上限共に昨年の開催と同じ長さ)。コースは中山金杯の行われる1日目からAJCCの行われる最終日までの全7日間、内ラチから6mの場所に仮柵を設けるCコース使用する。


~難解な馬場だがパワーが求められるのは確か。しぶとい馬・渋い馬に注意~

開催前に施されるエアレーションなどによる軟化作業の影響により開催開幕週といえども差し・追い込み馬が活躍できる馬場で競馬が行われていた近年の中山競馬場の芝コース・・・だが、昨年の第5回開催は前々で流れに乗った馬の活躍ばかりが印象に残る結果に。芝で行われた殆どのレースがスローペースだったという理由はあるにはあるのだが、感覚としてはエアレーションなど馬場軟化作業を取り入れる前の開幕週に戻ったような感じを受けるほど逃げ・先行馬の活躍していた印象。この傾向は開催後半に入っても変わらずで前で競馬をした馬が活躍が目立った。とはいえ、そこは厳寒期に行われる第5回開催。最終日となった昨年の12月28日に行われた9日目の競馬などを見ると流石にタフな馬場へと変わってきていた。

今開催の第1回中山競馬は2018年になって初めて行われる開催

・・・とはいえ、実質は昨年の第5回から続く連続開催の後半戦である。開催が替わったのと同時にコースも替わったため荒れた内ラチ沿いの芝は仮柵でカバー。このコース移動によりコースの内・外で有利不利は少ないものの芝コース全体がパワーの必要なタフな馬場となってきている事には変わりない。基本的にどの脚質が活躍するかはレースのペースが鍵を握っていると思われるが、前半1000mの通過が1分1~2秒ぐらいのペースなら差し・追い込みが決まるケースも現れはじめるなど、いよいよもって差し・追い込み馬向きの馬場になってきた予感も漂う。先週の結果を見てもスローペースにもかかわらず差し・追い込みが決まるレース多数。4日目に比べると5日目は京成杯や12Rのように逃げ切りや先行押し切りなども見られたが、ペース・展開・騎手の騎乗・馬の能力などが上手く噛み合った結果という感じを受けた。


今週で最終週となる第1回中山開催。

気温が低く芝が育たない季節ということもあり開催を通じて芝のレース数はセーブされている。今週は週中に雨が降ったが、降ったのは水曜日の夕方から木曜日の深夜にかけて。その後、スカッと晴れたわけではないのでハッキリとは断言できないものの水捌けが良くなった中山競馬場の芝コース。降った雨が土・日に開催される競馬に影響を与えるような事は少ないだろう~と予想している。この予想を前提とするならば中山競馬場の芝コースは今週も前週と似たような傾向を示すと思われる。

スローペースにもかかわらず差し・追い込みが決まったかと思えば突如として逃げ切りや先行押し切りもあったりするので難解と言えば難解ではあるものの素軽さよりもパワーが求められるのは確か。スピードは不足がちだが前で競馬をしたらなかなか潰れないしぶとい馬や、末比べで一瞬の切れ味では劣るものの勢いが付いたらジワリジワリでも止まらずゴールまで伸びるような渋い馬には特に注意を払いたい。

|

中山競馬場の芝状態(第1回中山4日目前日)について

今週で開催2週目のような気がしますが実は開催後半戦です。

今開催の中山競馬場芝コースは前開催の2017年第5回開催同様、冬眠中の野芝の間に洋芝を生えさせるオーバー・シードを施した馬場で競馬が行われる。野芝の草丈は約6cm~8cm、洋芝は10cm~14cm(洋芝も野芝も下限・上限共に昨年の開催と同じ長さ)。コースは中山金杯の行われる1日目からAJCCの行われる最終日までの全7日間、内ラチから6mの場所に仮柵を設けるCコース使用する。


~スローペースでも差し・追い込みが決まる事もあるという難解な馬場に~

一昔前までの開催開幕週といえばラチ沿いを走る事のできる逃げ・先行馬が幅を利かせていたのだが、近年は以前ほど極端な傾向を示さなくなっている中山競馬場の芝コース。理由は開催前に施されるエアレーションなどの馬場軟化作業にあり。おかげで現在は開幕週にもかかわらず差し・追い込み馬が活躍できるような馬場で競馬が行われている・・・のだが、昨年の第5回開催は前々で流れに乗った馬の活躍ばかりが印象に残る結果に。芝で行われた殆どのレースがスローペースだったという理由はあるにはあるのだが、感覚としてはエアレーションなど馬場軟化作業を取り入れる前の開幕週に戻ったような感じを受けるほど逃げ・先行馬の活躍していた印象。

この傾向は開催後半に入っても変わらず前で競馬をした馬が活躍が目立ったが、そこは厳寒期に行われる第5回開催。最終日の28日に行われた9日目の競馬などを見ると流石にタフな馬場に変わってきていた。今開催である2018年の第1回中山競馬は2018年になって初めて行われる開催である・・・とはいえ、実質は昨年の第5回から続く連続開催の後半戦である。開催が替わったのと同時にコースも替わったため荒れた内ラチ沿いの芝は仮柵でカバー。コースの内・外で有利不利は少ないものの、芝コース全体がパワーの必要なタフな馬場となってきている事には変わりない。基本的にどの脚質が活躍するかはレースのペースが鍵を握っているが、少しでも厳しい流れになるようならば差し・追い込み馬が牙を剥くだろう~というのが、先週の開催1日目前日にアップしたエントリーだったのだが結果はどうだったかというと・・・

当たらずも遠からずと言ったところ。

開催3日間を通してスローペースのレースが多かったため前々で流れに乗った馬の活躍が目立つ事となったが、アイラインが勝った2日目9RのサンライズSのようにハイペースとなれば差し・追い込みが決まっていた。このように書くと「ペース次第でどの脚質にもチャンスのある馬場」だったように思えるのだが、なぜに「当たらずも遠からず」だったかというと、1日目12レースの4歳上1000万下戦(芝1600m)や2日目のメインに行われた3歳牝馬限定のG3・フェアリーS(芝1600m)などスローペースでも差し・追い込みが決まるレースもあったから。これらのレースのおかげで傾向を断定しきれない非常に読み難しい馬場で競馬が行われていたと言う形となった。


今週で後半戦に入る第1回中山開催。

気温が低く芝が育たない季節ということもあり開催を通じて芝のレース数はセーブされている。開催3日目は競馬開催中に雨が降ったものの馬場の傾向に変化を与えるような量は降らず、週中も天気は安定していた。この事から中山競馬場の芝コースは今週も前週と似たような傾向を示すのではないか~と考えているが、似たような傾向がどのような傾向であるかを断定・断言するのが難しいから困る。

冬場の連続開催の後半戦ということで1200m戦以外のレースではペースが遅かろうが速かろうがゴールまで残り3Fのタイムは34秒後半から35秒以上を計測するレースが殆ど。素軽さよりもパワーが求められるのは確かと言える。スピードは無いが前で競馬をしたらなかなか潰れないしぶとい馬、末比べで一瞬の切れ味では劣るものの勢いが付いたらジワリジワリでも止まらず伸びる馬には注意を払いたい。

|

より以前の記事一覧